キュウレンジャー最終回




聖火が魔貫光殺砲でしたね、開会式。




◉ キュウレンジャー最終回やっと見ました。


最後まであきらめない、がいい感じでしたね。
そしてまとまりよく終わって。

なかなかの大人数でしたけど、
次のVSのも大人数になっていくんですかねぇ。


あのロボの球体部分に操縦者が見える感じ好きだったわ〜。
食玩でもいいんでキュータマ1個欲しかったですけど、
まだ売ってますかね。


|

生賴範義 展 THE ILLUSTRATOR その2



(つづき)

などなど、思い出話を書きましたが、
展覧会はほんと、圧倒されるものがありました。

オタク男性客が多いかと思ったら、
ふつうに女性のお客さんもいましたね。




いちばん長く見とれてしまったのは、
オリジナルの「我々の所産」って大きな絵でした。
やっぱり構図とリアルな描き込み具合がすごくて。


特撮方面では、ゴジラやスターウォーズコーナーもありましたが、
ウルトラ作品で唯一、パワードのイラストもありましたね。

Img_1241


一番気に入った、東宝特撮映画全史の「地球防衛軍」の口絵が、
図録で小さくしか載ってなかったのがちょっと残念でした。
全史の方ではどれくらいの大きさで載ってたのかしら。


ゴジラは、見たこと無かったアニメージュのイラスト、
色の付け方とか気になって見入ってしまいました。

Img_1240


あと戦記の絵だと、
大和特攻の絵に圧倒されたり、
この潜水艦の絵も気に入ってしばらく見てました。

Img_1238_3


撮影OKな場所もけっこうあって。

Img_1217_2

Img_1219_2


図録はもう売り切れてしまったそうですね。
カバー外すとこんな感じ。

Img_1245_2


|

生賴範義 展 THE ILLUSTRATOR その1



今週は 生賴範義 展 in 上野の森美術館 に行ってきました。

Img_1230_2



「さよなら日劇」で84ゴジラを観てから上野へ、
っていう流れを考えてたんですが、

時間合わなかったので、家帰ってからブルーレイ観ました。



自分はやっぱりあれですね、
生賴範義氏の名前を初めて認識したのは、
84ゴジラのあのポスターでした。

小さい頃は、昭和メカゴジラおわりの、ゴジラお休みの時期で、
正義のヒーローゴジラのTV放送がメインっていう時代だったので、

やっぱり84年の新作ゴジラはすごく印象深いです。
ゴジラクラブ特典(でしたっけ?)の生賴範義氏のゴジラB全ポスターは、
部屋に貼ってましたね。


今ほどゴジラムック本も多くなかったので、
生賴氏のイラストポスター付きのメイキング本や、
初ゴジのムックも買ってました。

そのへんの原画が見れたのがすごくうれしい。

P1001067


当時で言うと、映画「首都消失」のポスターは、
あっ!ゴジラの絵の人だ! とか思いましたね。

あと第3次世界大戦を描いたアニメの「198X年」も、
観に行ってパンフやムック本買ってましたが、
あれのイラストが生賴範義氏によるものっていうのは、
だいぶ後になって知りました。


Img_0093


(つづく)



|

«読売テレビのキングギドラ対ゴジラ。 大河原版メカキングギドラ。