« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

ウルトラローレライ

なんとなくテレビ観てたら、nobodyknows+の「メバエ」って曲のプロモビデオに、ウルトラマンとバルタン星人が出てましたが、ローレライの香椎由宇さんもウルトラマンの恋人役で出てるそうですね。

公式サイト見たら、プロモもちょっと視聴できました。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/AI/nobodyknows/AICL-1613/
チーク踊ってますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラ

今日の東京MXテレビ、ウルトラマン放送は海底原人ラゴンでした。
ヒーロー物や特撮に限りませんが、ひとつの法則が見られましたね。
主要メンバーの誰かが休暇を取って、どっか遊びに行くとか言うと、確実にその場所に事件が起きたりなんかしますね。

今回のは、フジ隊員が休暇で、海辺のホテル(?)でラゴン登場ですね。
そういうもんですね、世の中。
名探偵コナンなんて、どっか行くたびにそこで人殺されますよねぇ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来世界

ロビン・ウィリアムズのアンドリューの映画、テレビでやってましたが、最近は未来世界っていうと、車が飛んでるの多いですね。
まあ、むかしからそうでしたっけ。

ちょうどラジオを聴いてたら、おもしろいクイズ言ってたんですが、
「ドラえもん誕生と、宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルに向かうのと、アムロがガンダムに乗るの、一番年代が早いのはどれ?」って。
最近、その辺をネタにした本をみたような気もしますが、正解はドラえもん→ヤマト→ガンダムだそうですね。22世紀から来たロボットって、遠い未来って思ってましたが、考えてみればもう21世紀なんですね。
2001年宇宙の旅はもう4年前のことで、鉄腕アトムはおととし誕生して。。

ぼくの小さいころって、未来といえばテレビ電話って感じでしたが、結局テレビ電話は、なんとなく一般向け商品として実現してますが、それほど一般家庭に普及してるってこともないですね。
逆に、電話を持って歩くのが当たり前になって、オタク系の人がやってる印象があったインターネットやメールがこんなに普及するなんて、夢にも思わなかったですね。
思わなかったといえば、小さいころから好きだったゴジラやミクロマンなんかの、リアル造形のかっこいいミニフィギュアが、お菓子のおまけとして安く手に入る時代が来るなんて、これまた夢にも思わなかったですが(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ネクサスマックス

ウルトラマンネクサス打ち切り話は、前から聞いてましたが、全く別番組になるのかと思ったら、引き続きウルトラマンマックスなんですね。

中部日本放送の公式サイトで写真を見ると、デザインはどことなく玩具っぽいような。
なつかし怪獣も出たり、完全ファミリー向けってことなんですかね。
金子修介監督も参加されたりして、音楽はホーリーランドつながりで(?)配島邦明さんだそうで。いいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

出逢いのハーモニー

なにげに大島ミチルさんネタ多い気がしますが、今日は神奈川放送の番組にゲスト出演されてたようで。
「出逢いのハーモニー」って、埼玉放送や関西ローカル局(サンテレビ?KBS京都?)でもやってるみたいで、そっちはいつ大島さんが出るのかは知りません。

ちょっとだけ観たらいろいろお話されてましたが、小さいころは習い事いっぱいで、2才から絵も習ってたとか。
ぼくも幼稚園ぐらいに、絵の先生に習ってたんですけどね、それで美術関係だけはわりと成績良かったりして。しかしなんで、いつから作曲に目覚めたんでしょうねぇ、わたくし。自分でもナゾ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

L.A.大震災とダンテズ・ピーク

そういえばこの前、「L.A.大震災」って2002年の米映画、テレビでやってて観たんですが、これって、、どういうあれで「ダンテズ・ピーク」(1997年・米)の映像が流用されてるんですかねぇ。マニアの間では知られてる話なのかしら。

お話的にはどっちかっていうと、災害映画ってよりはサスペンスアクションって感じですかね。B級っぽさムンムンでしたが。
で、地震シーンも派手な特撮はなく、予算の関係か屋内で揺れて壊れるシーンが多いな~と思ってたら、チラチラと大掛かりな屋外崩壊シーンが。。
おお~っ!意外と金かかってるかも~、と思ったら、、、
ちょうどその後「ダンテズ・ピーク」もテレビでやってたので観てると、そのまんま同じ映像でした。
まあ~、こんなこともあるんですよ、映画の世界は。ってことですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊池俊輔先生消える。

・・・と強引に、特撮関連ネタにもってきましたが、ドラえもん話です。

今日からリニューアルドラえもんでしたね。
声だけじゃなく、ガラッと変わりましたね。絵の雰囲気も、巨匠・菊池俊輔先生の劇中曲も、別の方の曲に変わってしまいましたね。

声優さん変わったのでしょうがないですが、意外と違和感強かったのが、のび太のママの声ですかね。
かなり若返って、おねえさんと言えなくもないくらいな。。

オープニングの女子十二楽坊も、やっぱり中国風な印象になってしまうのがいかがなものか、って個人的には感じてしまいましたが、、
まあ、いろいろ真剣に検討されてこうなったのでしょうから、温かく見守りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロの食玩特撮

今日は夕方頃から、音響機材を見に秋葉原に行ったんですが、某所で東宝マシンクロニクル2を売ってて、今頃買いました。
家に帰って空けてみると、90式メーサー車が。
これがなかなか、砲塔を支える部分をどうやって取り付けるのか、箱の写真を見ても、もひとつ確信が持てず、ちょっと悩みました(^^;)
強引に押し込むってことなんですかね、やっぱり。

で、わからなくてネットで写真を検索してたんですが、一番最初に出てきたのがこちらのサイト。
http://www.ne.jp/asahi/nob/co/tamaki/topb14b.htm

ぼくの食玩特撮コーナーは、基本的に携帯で撮影、その後の画像処理は色調補正程度で、デジタル合成は行わないって方針でやってますが、ここまでやるとすごいですね。スーパーXとか、かっこいいです。
「デジラマ合成テクニック」って本にも参加されてる方のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイダー宇宙戦争

そういえば、スピルバーグ&トムクルーズの宇宙戦争は、日本でワールドプレミアだそうですね。
日本向けオリジナル予告編とか、えらい日本びいきですねぇ。
まあ、いろいろ勘繰るのはやめて、素直に喜んでおきます。

あと、ネタバレ情報コーナーにスパイダーマン2の感想も書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペクターの

ホビー雑誌にも情報出始めた、特撮ヒーロー「スペクター」ですが、コナミの公式サイトで、さっそくアニメフェアで公開のトレーラームービー観れるようになったみたいですね。

巨大UFOロボもチラッと出てたりして、特撮よく出来てるって言ってたのが、ちょっとは伝わるのではないかと。
栗原瞳さんの「いや~!」ってのもありますねぇ。

しつこいですが、トレーラーはわたくしサウンド担当で。宣伝でした。
http://www.specter.konami.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイダーマン2

"渡辺満里奈がネプチューン名倉と結婚"の衝撃から立ち直れない今日この頃ですが(笑)、やっと観ましたスパイダーマン2。

評判良かっただけあって、面白かったですね。
触手特撮がCGっぽくないか気になってたんですが、いい感じでした。なんかハリウッド版キングギドラが見てみたくなりましたね。
そのうちネタバレ感想も。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ウルトラマン

東京ローカル情報ですが、MXテレビで今日から深夜に、初代ウルトラマンやるみたいですね。
確か、お正月に映画版をやってましたが、評判よかったんですかねぇ。
ベムラー登場ですね、今日は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ特撮

やっぱり、最近のツッコミどころはウルトラマンネクサスですかねぇ。

新主人公が出てきて、ガラッと雰囲気変わりましたね。
本編中に市街地バトルシーンが無いので、オープニングがミニチュア満載映像になったり、いろいろ検討されて工夫されたって感じですかね。

と言っても、ビーストバトルチームは今までどおりなので、ギャップがけっこうすごいですね。
しかし、それで今までドラマをずっと覆っていた緊迫感のようなものが、薄くなった印象もありますが、それはどうなんでしょ。これまでがとりあえず不評だったみたいだから、いいのかしら。どうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーリーランド

金子修介氏が総監督というドラマ「ホーリーランド」、関東地区で始まりましたね。

原作漫画みたことないので、タイトルから勝手にファンタジーっぽいのを想像してたんですが(金子監督だし)、そうではなさそうですね。
どっちかっていうと、主人公のキャラ的に、暗い方の金子映画的なイメージが。。

ハリケンブルーの長澤奈央さんは、高校生役みたいでしたね。
意外と違和感なかったですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »