« またいろいろ | トップページ | 西遊記 »

小松左京氏原作

エスパイ観ました。
数年前に亡くなられた、福田純さん監督作品ですね。

お話自体は普通にそれなりな感じでしたが、エスパイメンバーが豪華ですねぇ。加山雄三ボス(支局長)に、藤岡弘さん由美かおるさん、若きメンバーに草刈正雄さん。

草刈正雄さんは、今でいうと要潤さんとか、そんな印象でしょうか。
由美かおるさんは、このときすでに水戸黄門・お銀への流れが出来てた?? ネットで感想書いてる方のをみると、おっぱいおっぱい書かれてます。

小松左京氏原作といえば、さよならジュピターもエッチなシーンがありましたが、それはさておき、ビックコミックスピリッツで日本沈没の漫画始まりましたね。
とてつもないことが起きる前兆として、なかなかいい感じでした。来週からも楽しみ。

|

« またいろいろ | トップページ | 西遊記 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52936/8049892

この記事へのトラックバック一覧です: 小松左京氏原作:

» あの国にも冷静なひとはいる [知れば知るほどきらいになる国?]
韓国人はどうして日本沈没が好きなんだろう? -_-;; 正常な教育を受けた韓国人なら高等学校2、3年生の時に“アースサイエンス”(注:日本の地学に相当)という科目を履修しているでしょう。 (もちろん選択科目制で選択をしていない場合は例外だが) 日本は太平洋プレートとユーラシアプレートの境界に位置する“海溝弧状列島系”であるという事実を学んでいるはずだ。 それを知っているはずなのに、大部分の韓国人たちは大喜びで叫ぶ。 “日本は近いうちに沈没する!!” ひどいときには教師たちまでこ... [続きを読む]

受信: 2006年1月 8日 (日) 00:41

« またいろいろ | トップページ | 西遊記 »