« ガメラDVD | トップページ | ウォレスとグルミットと漫画いろいろ »

リュウケン、ライオン、日沈、ガメラとケータイ刑事

リュウケンドーの、あけぼのタワー戦闘兵器化は、なかなかCGで良い感じでしたね。

今、関東地区、ライオン丸やってます。
東横インの看板前で対決してるのが笑える、、協力スポンサーかしら。


今日はやっと、日本沈没のオリジナル作、最後まで観ました。

リメイク作よりは、リアルなシミュレーション的要素が多い感じで、84年ゴジラを思い出しました。
田所博士は、豊川悦司さんのよりは、わかりやすい演出というか演技というか、キャラが固まってた印象を受けましたねぇ。


あと、ガメラDVDは、本編のいいシーン送り見しつつ、特典のメイキングと、夏帆さんの写真集撮影のやつ観ました。

メイキングの全記録ってとこにも、特撮の解説がありますね。
あの灯台落下シーンはいいですねぇ。
しかし、ジーダスの尻尾の動きとか、日本の着ぐるみ特撮の伝統を感じます。
これ、最後まで見ると、おまけがあるんですね。

寺島進さんと夏帆さんは共演2回目だそうですが、ケータイ刑事ですかねぇ、最初の共演って。
そういえば、またケータイ刑事の映画パート2があるそうですが、さすがに、前回みたいなガメラネタは出ないですかね。
そっちはもう、黒川芽以さんとか出ないようですねぇ、残念。

|

« ガメラDVD | トップページ | ウォレスとグルミットと漫画いろいろ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52936/12484042

この記事へのトラックバック一覧です: リュウケン、ライオン、日沈、ガメラとケータイ刑事:

« ガメラDVD | トップページ | ウォレスとグルミットと漫画いろいろ »