« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

ブログいろいろ

最近、若い特撮関連俳優さんのブログを、ちらほら検索してみてました。


◆仮面ライダーカブトで加賀美くんの佐藤祐基さんは、ブログ見るとスポーツ好きなさわやか青年って感じで、そのまんまなイメージですね。


◆ウルトラマンコスモスのアヤノ隊員・鈴木繭菓さんは、しょこたん並みに(というか、しょこたんブログはあんまり見たことないですが)書き込み多いですね。
ツアーで飛び回ってる感じ。


◆ライダー555のたっくん半田健人さんは、キャンディーズよりピンクレディー派みたいですね。


◆ゲキレンジャー女幹部になった平田裕香さんは、制作発表で、笑顔ってわけにもいかないしどんな顔して座ってたらよいやら、だったそうですね。


◆ライダー響鬼であきらの秋山奈々さん、なんとなくイメージ的に意外ですが、椎名林檎さんとか東京事変とか、好きみたいですね。

ぼくも高校生の頃は、レベッカが好きって言ったら、みんなに意外~って言われました。似てる。とても似てる。←自己満足


◆黒川芽以さんは、ホームページの日記のようなメッセージを見ると、最近髪の毛切ったそうですね。
写真では、きれいなおねえさんって感じになってます。


◆長澤まさみさんは、公式サイトのむかしの(?)メッセージで「よろちくび」とかって、おっぱいの絵を描いてますね。
そういう人なんですね(笑)


まあ、メディアで目にする姿って、タレントさんの生活の、ほんの一部でしょうからね。

でも、理想の偶像だった存在が、インターネットの普及によって、こんなに身近に感じられることになるとはねぇ。
面白いもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

テレビ特撮

◆ウルトラマンメビウスは、
新マン登場で、なかなか燃えるお話でしたね。
むかしのイメージ残しながら、飛行CGもあったのが面白かったですけども。


◆ゲキレンジャーは、
ロボ登場で、合体CGが質感いい感じでしたねぇ。

対決シーンの実況中継も面白いですね、毎回あるんですかね、やっぱり。
平田裕香さんって、どっちかっていうと清純系ってイメージ持ってましたが、敵幹部をやるとは意外でしたねぇ。
でも、もともとしっかりした役者さんって印象だったし、ハマってますね。


◆仮面ライダー電王、
変身後に、参上~ってポーズとるときに、邪魔だどけっ、、ってのがちょっとウケましたが(^^;

初回とか今回とか、イマジンにとりつかれる男子が、わりとかわいい系だわねー、
番組観続けるとしたらそこかしら(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スカルマンって

特撮雑誌に、アニメ化されるって書いてましたが、
初回のみ、実写の特撮ドラマになるんですねぇ。

主演は、鈴木亜美さんと、
仮面ライダー響鬼の細川茂樹さんで。


公式サイト見ると、関東ローカルとのことですけどね。

http://www.skullman.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ダッシュマン!、CDに。



去年音楽担当しました、
NHK天才てれびくんMAX番組内で放送の、
天てれドラマの特撮ヒーロー「ダッシュマン」ですが、

これなんと、オープニング主題歌が、てれびくんのテーマ曲CDに収録されることになってしまいました(^^;



NHKの通販サイトにも情報アップされたようですね。

http://shop.nhk-sc.or.jp/shop/goods/goods.asp?goods=020200094

まあ、ショートドラマの、15秒ぐらいのCMサイズの曲なので、ボーナストラックっていう扱いですね。



もともと、番組自体の主題歌などを収録してるCDシリーズのようですし、
こういう曲が収録されるってのは、初めて(?)のようで、

これも天てれファンの方々や、高橋郁哉くんのファンのみなさんの声援のおかげなのではないかと。
ありがとうございます。



HMVなどのCD店のサイトをみると、全曲カラオケ付き!とか書かれていて、

えっ!?、
NHKさんには歌入りしか渡してないのに、誰か作ってくれたのかしら、
とか思ったのですが(笑)、

検索してみると、上にリンクした情報が最新のようですね。



いや~、CDに自作曲収録って「ヴィジュアル・バンディッツ」のサントラ以来ですが、

今回のはしかし、主題歌については、
意外と"CMサイズの15秒"ってのが、苦戦ポイントでしたね。

発売ごろにまたその辺の話など、書けたら書きますね。



ちょうど1ヵ月後の発売です。

皆さん聴いてね~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲキレンジャーと電王




◆獣拳戦隊ゲキレンジャー始まりましたねぇ。

全体のお話は、いつものノリで。


いきなりパンダの群れ登場で、、
27時間テレビにも出てた、ビルドアップのパンダと比べるとぬいぐるみっぽかったですが、


しかし、林の中でパンダと対決って、ビルドアップでもこういうCMやってたんですよね。

何匹も出てくるCMも






◆高速道路崩壊のミニチュア撮り、いい感じでしたねぇ。

あと、アニメ的なCGですが、パワーが体からボワ~ッと湧いてくるの、好きですわ。


ゲキレンジャーでも車壊してる~、と思ったら、今週も電王で車壊れてましたね。




◆電王はお話的にも、面白かったですねぇ。

鳥山明漫画みたいに、変身後に焦らすとことか、事件落着後のやりとりもいい感じにまとまってて。


波岡一喜さんは、追いかけられて、ライオン丸Gパロディっぽかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

メビウス、日本アカデミー賞。




◆ウルトラマンメビウスは、エース登場でしたね。

並んで戦うシーンはなかったですが、、


2人で変身もないのか~と思ったら、
最後に、ネバーエンディングストーリーの女王様のごとく、南も出てきて。

しかし、北斗より南の星光子さんの方が、照明が強い気がしたりして(^^;



◆きのうは日本アカデミー賞授与式でしたね。

伊福部昭先生は会長特別賞でした。


わたくし面白かったと書いてた映画は、見事に全く名前が出なかったですね(笑)

と言っても、フラガールや嫌われ松子は観てないんですけども。


ラブコンは、雑誌のキネマ旬報の批評家さんたちのランキングで、わりと上位に行ってましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

きのう観たのとか。



◆きのうは、初代ウルトラマンの、
メフィラス星人が出るエピソード観てました。
面白いですねぇ、会話のやり取りとか、巨大フジ隊員とか、発想が。

メビウスのメフィラス星人は、どんな感じになるのかしら。。


◆ボウケンジャー最終回も観ましたねぇ、
ふつうに良い感じに終わりましたね。


◆黒川芽以さんの、怪談新耳袋TV版(?)も観ましたねぇ。
この新耳袋ってシリーズ、初めて観ましたけど、怖いのとか変なのとかいろいろですね。

そういえば、ハイパーホビーの映画「学校の階段」インタビューページ、「学校の怪談」になってましたね。


◆あと、イナズマなんとかってやつ、、え~っと(検索中‥)、
超忍者隊イナズマですね、続編やるんですねぇ、風のシズカの山崎真美さん主演で。

・・・って、観てないですけどね、前の。
秋葉原の石丸電気で音楽資料を買ったときに、ポスター貰いましたけども(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メビウスグエムル



◆ウルトラマンメビウスは、

メフィラス星人とヤプールと、あと2人の星人がなんだか、秘密結社のアジトの幹部怪人みたいなノリで出てきましたね。

で来週は、北斗と南でエースの登場。
お祭り続きですねぇ、いいですねぇ。

映画版に出てた、アバレイエローいとうあいこさんも出てきましたが、来週も出そう。


◆漢江の怪物グエムルの特典映像をちょっと観ました。

パトレイバーのモンスターのパクリとうわさになりましたが、
監督さん自身、あのさらわれる女の子は
「未来少年コナンのラナみたいな女の子をイメージした」
とか言ってたり、日本のアニメには詳しそうな印象ですね。

しかし、デザインの制作過程を見ると、
直接あのアニメをパクったっていうよりは、途中の検討イラストでも、どこかで見たような、という部分は多々ありそうな感じ。


ぼくもちょうど、映画感想コーナーを見ると、
2年前ぐらいにその映画版パトレイバー3観てますね。

たしかNHKだったか、BSで観たんですが、
とくに、、グエムル観た後で、パクリ疑惑があるって話を聞いて、そう言われてみれば似てるかも、、ってな感じでした。


◆特典映像は、めずらしく怪物の声や音についての収録風景・インタビューなどもありましたねぇ。
日本の怪獣DVDにはあんまりないですね、そういうの。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本沈没DVD

樋口監督とSMAP草なぎ剛くんのコメンタリーで観ようかとも思ったんですが、もいっかい普通に本編観てみることにしました。

家ではテレビドラマとかも観てるせいか、なぜか映画館よりラブストーリーに感情移入出来たような、、
(大音量で歌が流れる部分を除き(^^;)


原作も旧作も観た後での再鑑賞ですが、今回の制作スタッフの方々はこういう解釈をされたんだな、という感想でした。
あとはやっぱり、とくに最初の方、田所博士役の豊川悦司さんの演技が浮きぎみなのが惜しいなあ、という感じで。


崖崩れのシーンは、やっぱりメイキングを観ても大変そうですねぇ。


個人的に、自分の地元富山県の、魚津漁港のシ−ン、ほんとに魚津で撮ってるのか気になったんですが、メイキングの撮影シーンを見るとテロップで「とある小さな漁港」って、、どこやねん!(笑)
気になる〜。
まあ、わざわざ「魚津」って書いてないってことは、どっかそこいらの漁港なのかしら。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガメラ、風林火山。



◆小さき勇者たちガメラの、小説版を読んでます。


まだ途中ですが、冒頭のアレについて、文章による描写がありますねぇ。
やや、話の内容に触れることなので、あとで下の方に書きます。。

赤い石が光ることについても、なんでここで光ったか、なんとなく説明されてるところがあってわかりやすいですね。


◆しかしわたくしここ2、3年に、今まで人生で読んできた本の、5分の4ぐらい読んでる気がしますねぇ。
ほんと漫画しか読まなかったですからね、国語が一番成績悪かったし。


で、特撮じゃないですけど、また懲りずに武田信玄上杉謙信がらみの本を1冊読み終えました。

「信玄と諏訪姫」って女性作家さんの小説ですが、愛とか憎しみとか、そういう描写が強い感があるのが、女性らしいという印象を受けました。


そういえば、大河ドラマ毎週観るのは、むかし南野陽子さんがアイドルで人気あった頃に側室役で出てた、中井貴一さんが武田信玄のやつ以来かも。。って、やっぱりそこしか興味ないんかいって(^^;


◆上のガメラの続きですが、

冒頭の自爆シーンですね、あれはいわゆる平成ガメラとは別世界のガメラってことなのかなあ、
と思ったんですが、小説では、火球を口から吐かずに体内で爆発させたみたいに書かれてますね。
やっぱりそういうことなんですかね。

すると、最後に胸が光って火球を出すのは、同じように体内でエネルギーを溜めて吐き出したってことかしら。

そうすっと、レギオンの時のウルティメイトプラズマって、、アレはまた別か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふい~

やっと仕事がおちついて、、ひさびさの2夜連続書き込み。
アイドルネタというか、特撮俳優ネタで。


◆前に書いてた、黒川芽以さん主演映画「学校の階段」ですが、
特撮ニュータイプを見ると、ライダー響鬼の明日夢くんも出るんですねぇ。

というか、明日夢役の男の子の名前をよく認識してませんでした(^^;)、栩原楽人くん。
あきら役の秋山奈々さんと再共演ってことになるんですねぇ。
マジブルーの甲斐麻美さんも出るし、ちょっと観てみたいわぁ。


ついでに準主演らしき男の子は、響鬼の映画にも出てた、松尾敏伸くんなんですねぇ。
映画は観てないんでよく知りませんが(笑)

三輪ひとみさんも出演者に名前が入ってますね。


◆さらについでですが、ケータイ刑事黒川芽以さんって、ウルトラマンティガにも出たことあるんですねぇ。
よく観てたので、目撃したかもしれませんが、記憶にないですね、どういう話の時かしら。


◆さて、ライダー響鬼や555も、出演俳優さんがキャラ的にも気に入って、よく観てましたが、
今回の電王はびみょうですねぇ~。
まだ気に入ったキャラクターが現れないですね。
観ない可能性濃くなってきましたねぇぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ特撮

仮面ライダー電王、

今週は面白かった、、というか、街中での電車とトラックのデッドヒートが見ごたえありましたねぇ。
映画などでも、いまだかつて見たことないような異種カーチェイス(?)。
しかも、トラックで乗用車ひいたり、けっこう金かかってるような、、どうなんでしょうね、ああいうのって予算的に。

お話は、過去に戻って戦ったり、毎週こんなだとすると、ちょいとややこしい感はありそうですね。

次回予告では、デモンナイトでライオン丸Gの波岡一喜さんが出てました。


ボウケンジャーは来週最終回なのね。
変わらず、燃えるお話・演出が良い感じですね。


ウルトラマンメビウス録画わすれました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フリージア

って映画、今週末から公開なんですね。

http://www.freesia-movie.com/


ガオシルバーの玉山鉄二さんが、眼鏡をかけて主演のやつですが、
ビルドアップでVFX担当されたってことで、去年、試写会に行かせていただきました。

ぼくは観終わっていい感じだと思ったんですけどね、同行した方はそれほどでもなかったようで。
おそらく、北野武監督の無言映画みたいに、時間の感覚が映画的にゆったりしているところが、観る人の気分によって感じ方が違ったのではないかと。
お話的には悪くないと思うので、興味のある方はどうぞ。


特撮は、見せ場的な派手なシーンは少ないんですが、たとえば銃の発砲によるまわりの反射だとか、レンズの映り込みとか、気付かないところに施されてるVFXがすごくリアル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »