« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

特撮その他新番組

来週は、ドラマいろいろ始まりますね。


と言っても、
普通の1時間ドラマは、まだ再来週以降って感じで、
始まるのは、昼間や深夜のドラマ。


うちの神奈川地区で言うと、

ウルトラセブンXが金曜深夜TBSですね。

キューティーハニードラマが火曜深夜テレ東。

川北監督のジェニー人形ドラマは土曜深夜テレビ神奈川。


おまけで、
ケータイ刑事黒川芽以さんや、
グランセイザーロギアの阿部進之介さんの出る、
どろどろ昼ドラも、月曜日からフジテレビ。

芽以さん主演の、バンドドラマ「パセリ」が、
木曜の夜テレビ神奈川。

もひとつおまけで、土曜は新ガンダム00もスタート。

まー、忙しいですねぇ。


今年は、なぜかけっこう、ドラマいろいろ観てますが、

秋からの1時間ドラマで気になるのは、、
さんまさんと小美人長澤まさみさんのドラマぐらいですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DEATH FILE、大怪獣東京に現わる

◆「デスファイル」って、
ハリケンブルーの長澤奈央さん主演、
ライダー響鬼あきらの秋山奈々さんも出てる映画(ビデオ作品?)。

ヤフージャパン・動画コーナーで無料配信してたので、観てみました。

http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00024/v02437/

http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00024/v02438/

内容は、和製ホラーの要素などを含めたような、
刑事役の長澤さんらが、事件を追うお話。

けっこう、しっかりした作品でした。

パクリっぽいタイトルだけで観る気がしなくなるのが、
マイナスな気がします。

秋山さんは、事件に関わる高校生役。


◆もうひとつ、
怪獣が(画面に)出ない怪獣映画として知られる、
「大怪獣東京に現わる」も無料配信してますね。

http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00026/v02644/

これは、むかし観ましたが、基本コメディでした。

前半は、
<ゴジラらしき怪獣>対<ガメラらしき怪獣>
みたいなノリがあって、楽しいんですけどね。


これとか、「クロスファイア」にも出てた、
桃井かおりさんがいい感じでしたけどね、

今はハリウッド映画にも出てるし、もう怪獣モノなんて出ないかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪獣と美術

東京・三鷹市美術ギャラリーでやってる、
「怪獣と美術-成田亨の造形芸術とその後の怪獣美術-展」
ってのを見てきました。

http://mitaka.jpn.org/gallery/
http://mitaka.jpn.org/calender/gallery/

成田亨さんや池谷仙克さんのデザイン画や作品、造形・高山良策さんや原口智生さんの作品もありました。

ウルトラセブンの初期設定らしき原画には、最初の企画時の(?)「レッドマン」の文字が書かれてますね。

原口さんの大魔神も好きだわー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤田咲さんの

(また、萌え音楽ネタで、、)


わたくし音楽担当「アキバちゃん」の、
ミルクちゃん役・藤田咲さんが声をやってる、

「VOCALOID(ボーカロイド)2 初音ミク」
について、以前書いてましたが、

(→8/21 ボーカロイド、ミルクちゃん。

これが、音楽ソフトとしては、異常な売れ行きを見せてるそうですね。

打ち込み音楽の王道雑誌・DTMマガジンでも、
これを受けてさっそく来月発売号で巻頭特集、
藤田咲さんのインタビューもあるそうです。

http://www.dtmm.co.jp/

その、藤田さんの萌え声で、自作の歌を歌ってくれるというこのソフト、、
これでアキバちゃんの歌の替え歌
「マジ来る☆くるくる ミルクちゃん」を作って、
声優さんご本人に送りつけてあげたいですけどねぇ(笑)、
しかし、、
まだまだ、バージョンアップしてないソフトとか、
欲しい音楽機材は山ほどあるので、ちょっと買う余裕がありません(^^;)


◆これってしかし、仕組み的に考えるとやっぱり、
少なくとも「あ~」から「ん~」まで50音、プラス濁音つけた文字などを、
ドレミファ音階つけて、1個1個レコーディングされたんですかねぇ。

しかも、どの音楽にも合うように、なるべく平坦な声で。

けっこう、根気のいりそうな作業ですよねぇ。


◆ちなみに、ちょっと専門的な話になりますが、

音階は、どこまで細かくレコーディングしているかわかりませんが、
機械で音の高さを変えれるとは言っても、限界があるので、
1個の声で全部の高さを賄う、というのは不可能なのですよ。

たとえば、<ド>の高さで発声した音を、機械で<ミ>ぐらいまで上げたとしても、
いわゆる、プライバシー保護のため音声変えてますみたいな状態になって、
違和感あるときがあります。

そのへん、声質にもよるのですが、なかなか難しいところ。

このソフトも、ホームページの説明を見ると、

http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv01.jsp

「得意な音域 A3~E5」とのことで、
そのへんがおそらく、藤田咲さんの生声の音域に近い、ってことじゃないですかねぇ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

イケメン山田太郎学園Qパラダイス最終回、その2

で、「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」最終回。

このドラマ、ライダーカブトの
水嶋ヒロくんや山本裕典くんなど出てるので、
気になってたんですが、

主役の2人が、個人的に受け付けないので、観てませんでした(^^;)
それについては下に(↓)


◆水嶋くんは、けっこう中心人物だったんですね。
なにげに、ウルトラマンメビウスの五十嵐隼士くんも出てるので、裁判ドラマに続いての共演で。
でも、映画のラブコンとか、いくつかドラマ出演作も観ましたが、カブトのときのキャラがいちばん好きかも。

最近のドラマについては、東映ヒーローMAXって雑誌のインタビューでも、ちょっと触れられてましたね。


山本くんは、不思議系。
というか、オーラとか、、
ああいうのもアリなドラマなんですね。。
カブトのときのおぼっちゃまも、やや不思議でしたけども。


◆さて主役の2人、、
堀北真希さんは、前にも書きましたが、
ケータイ刑事次女ファンなので、三女の活躍がくやしくて見てられません、すみません(笑)


小栗旬さんは、女性関係よろしくないうわさが気になって。

その次女・黒川芽以さんにチュー迫ったとか、
モー娘矢口さんやノンノ田中さんとのうわさとか。
(↑エビちゃんより田中さん派?だったので、意外とショック)

ま、うわさはうわさですけど、でも、
矢口さんとの関係や、
黒川さんが同世代の共演者にチュー迫られたってのも、
本人が言ってたので事実ですよねー。


| | トラックバック (0)

イケメン山田太郎学園Qパラダイス最終回、その1


あんまり特撮ネタじゃないですが、、
いろいろドラマ最終回になってますね。

ちょくちょく観てたのは、
「探偵学園Q」と「山田太郎ものがたり」でした。

で、今日は「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」ってのも、最終回で観てみました。


◆探偵学園Qは、

志田未来さんより、神木隆之介くんとジャニーズJr山田涼介くんのほうが、かわいくて萌え~だったわ(笑)


◆山田太郎ものがたりは、

少女漫画独特の妄想具合とか、
"あこがれの男子のために必死になる女子の図" とか好きでしたけどね。

あと小美人・大塚ちひろさんも、まだまだ活躍してほしいですね。


◆で、イケメンパラダイスは、、

(つづく)

| | トラックバック (1)

えりかちゃんネタ

えりかちゃんといえば、
さんま大先生にも出てた、森絵梨佳さん。
沢尻エリカさんと思ってクリックした人、残念でした(笑)


「仮面ライダー THE NEXT」の携帯サイトで、
アイドル役のモッチー森絵梨佳さんのコメントが見れるそうですね。

詳細は→こちら


パソコン版のページでは、
劇中のアイドルソングの、えりかちゃんプロモーションビデオも観れますね。

ず~っとえりかちゃんですよ、ファン必見。

http://www.maskedridernext.jp/movie.html

しかしこれ、口パクで、歌ってるのは別の人なんですねぇ。
歌唱力の問題なのか、エイベックスとの大人の事情なのか分かりませんが、
こういうの、ご本人たちは複雑な心境じゃないですかねぇ。


ところで、えりかちゃん、
セブンティーンモデルは終了したみたいですね。

続いて、大人のファッション誌のモデルさんになったりするのかしら、どうかしら。

| | トラックバック (0)

惑星大戦争

◆前回、円谷関連ニュースについて書いたせいか、アクセス数がふえてるんですが、、
とくに今のところ、あれ以上深い話はないので、期待しないでください(^^;)


◆なぜか今ごろ、東宝特撮「惑星大戦争」を観ました。

この作品、、
じつは、観たことあるかどうか、はっきり記憶にないんですが、

たぶん作品上映の頃は、テレビマガジンを購読してて、
これと同じ時期の、
東映特撮作品「宇宙からのメッセージ」のテレビ版
「宇宙からのメッセージ・銀河大戦」の記事を、
よく見てた記憶があります。
(これが、うちの地元・富山で放送されていたかどうかは微妙)


さて映画、
よく浅野ゆう子さんの生足写真が取り上げられたりしてますが、、

予想通り、ツッコミどころはあるものの、
普通に楽しめる感じの作品でしたね。

しかしこれ観ると、
ゴジラファイナルウォーズの宇宙船内シーンなんかも、
やっぱりどこか東宝特撮くさい感がありますね。


また観たいですね、東宝特撮オリジナルSFもの。

| | トラックバック (1)

円谷プロとTYO


(ややこしいので、会社名に敬称つけるのは、略させていただきますが、、)


円谷プロダクションが、
TYOって映像会社グループに買収されるってニュースがありましたね。

じつは、わたくしずっとお世話になってますビルドアップも、
今、TYOのグループ会社なんですが、
仕事でからむことあるのかしら、どうかしら。


それより皆さん気になるのは、
今後の円谷プロ作品に、どういう影響があるか、
ということだと思うのですが、、

まあ、ビルドアップも2年前にグループに入ったんですが、
会社の色合いとか、とくに変わってない感じだし、
買収によって、直接作品に大きな影響が出るってことはないんじゃないっすかね。
円谷作品の路線って意味で。

ん~、とはいっても、
経営戦略的にとか、どういうふうに変化が出てくるんでしょうねぇ、ふむ~。

| | トラックバック (0)

響鬼、ロボット。

◆今日は、日本テレビ系のさんま御殿に、

ライダー響鬼のヒビキさんイブキさん
そろって出てたと思うんですが、
録画忘れました。。


◆ロボットアニメの百獣王ゴライオンとかを、
米国で編集して放送してたのがあって、
それを実写映画化って話が、ちょっと前にありましたが、

先週、
マクロスとサザンクロスとモスピーダを合わせて編集した
「ロボテック」を実写化、って話も出てたんですね。

日本からのハリウッドロボット物が、つづくのかしらね。

ガンダムやエヴァがハリウッド実写化って話は、
だいぶ前からちょこちょこ言われたり消えたりしてましたが、
こういう形で実写ロボット物が出てくるとは。。

というか、
マクロス・オーガス・サザンクロスで超時空シリーズだったのに、
なんでオーガスじゃ無いねん(^^;)


| | トラックバック (0)

映画音楽コンサートと、リンダリンダ映画。

◆東京・豊島区の某アマチュア楽団コンサートに行ってきました。

伊福部昭先生の交響ファンタジー1番とか、
ジョンウィリアムズ・ハリーポッター組曲とか演奏されてて、
良い感じでした。


◆もひとつ音楽ネタというか、
CS放送のビデオ録りで、映画「リンダリンダリンダ」を観ました。

グエムルのペ・ドゥナさんとか、前田亜季さんとか、
ローレライ香椎由宇さんとかがバンドやる話ですね。

自分もバンドやってたので、いろいろ懐かしい感もあって、とても楽しめました。

ブルーハーツの燃え系の歌もいいですね。
踊りたくなりました(笑)


しかし、ペ・ドゥナさんって、
グエムルではかっこいいお姉さんでしたけど、ここのキャラは面白いですね。

彼女の演じる、韓国人留学生の存在が大きい気がします。
普通の日本人の女の子がやってたら、ふつ~の映画になってたような。

| | トラックバック (1)

セブンX、サコミズ隊長、美少女ヒーロー

◆ガンダムの新作が、土曜の夕方放送ってことで、
ウルトラセブンXもまたその時間かなと思ったんですが、
金曜の深夜2時55分だそうですね。

地方によって、放送時間差がありそうですね。


◆探偵学園Qってドラマ、
今度はウルトラマンメビウス・サコミズ隊長の
田中実さんが出てましたね。

最後は、なんか大根っぽいと思ったら、
わざとウソの演技をするって役でした。


◆東京ローカルのMXテレビでやってる、
時空警察ヴェッカーシグナっていうの、観てみました。

バップさん制作で、映像は、ロゼッタとかヴァニーナイツとか作られてたスタッフさんですかね。
キャラクターのミクロマンも売ってる、あれですね。


本編観ると、、なんでしょうね、こう、
全員が美少女系女子だと、変身するとみょ~に残念なのは何でしょうねぇ(笑)

修業中ということなのか、
戦隊ほどに強くないのが、これまたマニア向きで。


唯一変身しない、サポート役みたいな女の子が、
萌え~な感じで、オタク系男子の食いつきよさそうな感じがしましたが、

この鮎川穂乃果さんって、
公式サイトを見てみると、13歳!?、、やばいわね。


| | トラックバック (0)

ゴジラグッズ、Gackt上杉謙信。

以前書いてた、「モスラ対ゴジラ」の
バンダイifシリーズ・シュミレーションボードゲーム。

実家で写真とってきました。
ついでに、同ゲームシリーズの「風林火山」も。

http://album.nikon-image.com/nk/NK_ImageView.asp?key=1097725&un=55685


◆ゴジラの方は、
駒として怪獣消しゴムが付いてる、と前に書いてましたが、

当時あまり出まわってなかった物は、
アンギラスと、モスラ成虫幼虫でしたね。

よく見かけたバラゴン消しゴムは、このゲームには付いてませんでした。


◆このゲームシリーズのカタログも入ってたんですが、
「日本列島沈没」とか「ウルトラマン」とか「宇宙戦艦ヤマト」とか、
いろいろあったんですねぇ。


◆そういえば、ドラマの風林火山、
ガクト上杉謙信でてますねぇ。

何度見ても、
劇画調の漫画に、ひとりだけ少女漫画の美形キャラが混ざってるようにしか見えないんですが(^^;)

そこが逆に、存在感を際立たせていて、演技も良い感じにハマってるので、全く新しい上杉謙信って感じですね。

原作よりは、むちゃくちゃ出番多いですけどね(笑)


| | トラックバック (0)

映画いろいろ

今日の深夜、
日本テレビで、キルビル2やるみたいですね。


先日、CSの放送で観たのは、
「キルビル」「キルビルVol.2」
「シン・シティ」
「萌の朱雀」
「富江 最終章~禁断の果実~」。


◆キルビル2は、
1よりは、だいぶ抑えられた感じでしたね。


◆萌の朱雀って、
カンヌで新人監督賞受賞ってやつですね。

予想通り、時間がじ~っくり流れるタイプの映画で、
最初の30分ぐらい、どのへんが話の中心なんだ??って感じでしたが(^^;)
絵的にも、独特の空気感もいい感じでした。


◆富江ってホラーシリーズ初めて観たんですが、
これは富江役に「さくや妖怪伝」の安藤希さん、
もう1人のヒロインに宮崎あおいさん。

ホラーってことで、キモいシーンはありますけど、
最近のJホラーみたいに、怖くは無かったですね。

タイトルの「禁断の果実」が気になる、
健全な男子のために書きますと、
2人のキスシーンとか抱き合うシーンとかはありました。

そういえば、宮崎さんって、映画の「NANA」でも、
中島美嘉さんにチューされてましたねぇ。
でも、この富江やってる頃すでに、
彼氏いるんですよね。。( ´_`)


◆どうでもいいですけど、
下の2作品とも、父親役は、キルビルで首切られる國村隼さんでした。

| | トラックバック (1)

暮らしに役立つゴジラグッズ

40826231220qz1_133

京都にいた頃、お祭りで買った、
ゴジラお面。


ある日、
住んでたマンションのベランダに、鳩が来るようになって、
フンしていったりするのが困ってました。

いるの発見したら、
窓開けて追い払ったりとかしてたんですが、きりがなく、、


そこで思い出したのが、
NHKの科学バラエティみたいな番組でやってた、
畑のカラスよけのために、目玉模様を描いた風船を置いとくって話。

目玉が恐いのか、鳥が来なくなるそうです。


で、思いついたのが、
ゴジラお面で、鳩よけにならないかと。

さっそく、ベランダにゴジラお面をかけてみました。


すると見事!
ほんとに鳩が来なくなって、一件落着(^_^)

生活に役立ったゴジラグッズでした。


| | トラックバック (0)

恐怖劇場アンバランス


お借りしてるDVD、観てました。


円谷プロの、
怪奇大作戦のあとに制作された、
さらに大人向けの恐怖を描いた作品とのことで。


しかし、、
観たエピソードが、たまたまそうだったのかわかりませんが、

CMに入るときの、ジャジャ~ン!!ってのが、いちばん怖かった(笑)


ドラマの「世にも奇妙な物語」のタモリさんのように、
青島幸男さんが冒頭で解説して、

ひとりではご遠慮ください、みたいなナレーションが入って、

ちょっと不気味な、猫のシルエットのオープニング映像が始まって、

"恐怖劇場" を演出しているんですが、、


本編はというと、

前の怪奇大作戦よりも、
「土曜ワイド劇場」度数がアップしてるような(^^;)


1話1時間ってのも、けっこう長いんですが、
へんにカラスの映像とか、恐怖っぽい画を差し込んでるのが、逆におかしかったりして。


| | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »