« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

トップランナー、TV怪獣映画。


◆先日のNHKトップランナー、
山崎貴監督ゲストの分を観ました。


じつは、続三丁目の夕日って、
まだ観てないんですけど、、

CGゴジラが出るのって、
ネタバレかと思ってあんまり触れなかったんですが、
冒頭に出てくるんですね。

しかし、このシリーズは、
山崎監督けっこう、しょうがなくやったそうで、
それが大ヒットってのも面白いですよねぇ。


ジュブナイルの映像もチラッと出てましたが、
当時のCGとしてはやっぱり、なかなかよい感じですねぇ、

今は人型メカ物といえば、
ハリウッドトランスフォーマーに、
すっかり持ってかれてしまってますが。。


最後に、
今後やりたい映画について、

風の谷のナウシカの原作を映画化したい、
とか言われてましたねぇ、、まああ。



◆次の4連休に、
いくつか怪獣映画がテレビ放送されますね。


と言っても、
まずはテレビ東京で、関東ローカルかもしれませんが、
3日深夜にグエムル放送。


あと、CSチャンネルNECOで、
5月は特撮特集が。

連休中にもガメラ対ギャオス、ギララ、ガッパ、
松竹特撮の昆虫大戦争などやりますね。


同じチャンネルで、
押井守監督特集もやってて、

劇中でゴジラ1作目が上映されてる、
うる星やつらビューティフル・ドリーマーも放送。



感想コーナー

「グエムル漢江の怪物」→こちら

「昆虫大戦争」→こちら


| | トラックバック (0)

テレビ、映画いろいろ。

レスキューフォース、
ゴーオンジャー、
ライダーキバ、
さらっと観ましたが、みんなCGは良い感じになってきてますねぇ。


さて、テレビのビデオ録りで、いくつか映画を観ました。



◆「世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す」


1956年の映画ですね。

原題は「Earth vs. the Flying Saucers」ということで、
侵略SFの古典というか原点というか、そんな感じ。

ティムバートン監督がよく観てたっていうのも、納得です。

ジョージ・パル監督版「宇宙戦争」より3年あとですけど、
モノクロ作品ですね。


特撮はハリーハウゼンが担当だそうで、
建物破壊シーンとか、見応えありますねぇ。

崩壊するところをコマ撮りしてたりするのが、印象的でしたが、
映画宝庫のスタークラッシュって本を拝見すると、
低予算で、スローで撮れなかったとか。


お話的にはとりあえず、
地球側の無差別先制攻撃が気になりましたけど(^^;

あと、メーサー車的なマシンも出てきて。


日本では、怪獣ウランと同時上映だったそうです。



◆「それでもボクはやってない」


特撮じゃないんですけど、
伊福部昭先生音楽の、「真昼の暗黒」(1956年)って映画を思い出しました。

同じ冤罪裁判を扱う映画ですね。

「それでもボクは〜」はShall we ダンスの周防正行監督作品。


どちらも、いろいろ考えさせられる作品なのですが、
なんというか、、

「真昼の暗黒」のころから、
こういう冤罪事件に対する国家機関の対応って、
なん〜〜にも変わってないんだなぁ、
とすごく残念、というか、むしろ怖い気持ちになりました。

電車の男性専用車両、賛成派です。


| | トラックバック (0)

ウルトラ&特撮女子


◆きのうから、アクセス増えてるんですが、

映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」
の発表があったせい?、ですかねぇ。

制作発表あったのは知ってましたが、
とくに書くネタもなかったので(^^;


というのも、
この映画は、合併前の体制で作られてて、

たとえば、もともとのビルドアップのスタッフなんかは、
岡部副社長含め、これには関わってないようです。

なので、わたくしも、
たぶん、みなさんが知ってるような情報しか知らないので。。


モロボシダン&アンヌが
結婚してる設定だそうですね。

ウルトラセブンXの最終回のときは、もう結婚してたんですかねぇ、
どんな感じなのかしら。



◆インターネット見てたら、

検索サイトのキーワード第1位に、
アバレイエローいとうあいこさんの名前が。

いろいろ見てみると、
タイムレッド永井大さんと一緒に、
舞台の宣伝で、はねるのトびらに出てたそうですね。


特撮ファンには知られてますが、
やっぱり、なじみのない一般男子は、

「あの子かわいいな~、いとうあいこ?、誰?何の人??」
って感じで検索したのかしら。。

やっぱりこういうのに出ると、注目度ちがいますよねぇ。


がんばって欲しいですね、特撮女子。

響鬼のモッチー森絵梨佳ちゃんなんか、
メジャーなドラマのメインキャストにでもなれれば、
人気うなぎ登りだと思うんですけどねぇ、どうかしら。


| | トラックバック (0)

押井守ゴジラを語る&絶対彼氏。

◆これまた今ごろですが、、

金子修介監督のゴジラモスラキングギドラの
DVD-BOX特典映像、

造形メイキングと座談会を観てました。


造形は、品田冬樹さんやビショップの方が、
いろいろ解説されてて面白いですね。

背びれが動いてたの、本編で気付かなかったわ。。



◆座談会は、

押井守さん樋口真嗣さんと、撮影の村川聡さん、
特撮の神谷誠さん、造形品田さんっていうメンバーで。


前半けっこう、
押井さんが中心に一番良く語られてる感じですね。
一番、声が聞き取りにくいんですけど(笑)

いちおう、幼少のころに、
第1作の公開を、劇場で鑑賞されたそうですね。

そのときの映画館の雰囲気とか、なかなか貴重なお話が聞けました。


後半は、
神谷さん品田さん中心に、この映画の話を。

けっこう、シビアな裏話までされてましたねぇ。
あ~、なるほどね~、そういう状況ってあるかも、とか思いながら観てました(^^;


で、終盤再び押井守さんのゴジラ論が始まり、、

それがだんだん、
押井監督のコムズカシー系映画のような、抽象的な話になっていき、、

なるほど~(←理解度うすい 笑)
って感じで終了~。



◆ドラマ絶対彼氏、
2回目も観ましたが、

いくらなんでも、
1億円買いますはないだろ~と思いましたけどねぇ、

愛があれば有り得るんですか??、女子の皆さん。


| | トラックバック (0)

リニューアル&ランキング


◆パソコン版ミニラの部屋トップページを新しくしました。

ほんとは、造形物作ったりしようと思ってたので、
だいぶ手抜きですけど。。

http://homepage1.nifty.com/minira/




◆前回書いてた、TBSランク王国の
「~マンといえば」ランキングですが、

渋谷の女子に質問、っていうコーナーでした。


なので、いわゆるヒーロー物ばかりではなく、、

しかしけっこう、
日本のキャラで、なんとかマンってありましたね、
忘れてました(^^;)


ではランキング、


10、9位はゲームキャラで、
シーマン・ボンバーマン。

ゲーム詳しくないので、思いつかなかったわ。。


8、7、6は、漫画アニメ系ですね、
バイキンマン、キン肉マン、働きマン。


あと、5、4、3、2が、
スパイダー、ヤッター、ウルトラ、スーパーマン。

キン肉マンヤッターマンは忘れてたわ。。

で、1位は!、、



アンパンマンでした。

これも思いつかなかった、、というか、
この流れだとバットマンかな、とか思ったんですが、
ランク外でしたね(^^;)

そのわりに、スパイダーマンが5位ですが、、
恋愛色の強い映画がヒットしてるし、
女子には印象強かったのかしら。


ウルトラマンスーパーマンは、
男女問わず定番の上位ですね。

アンパンマンが1位とか、
働きマンが入ってるのも、
女子に質問してるからですかね。


| | トラックバック (0)

イケメン話&マン

◆デート番組で、

ライダー電王佐藤健くんと、
ウルトラマンメビウス五十嵐隼士くんが、

吉川ひなのさんとオセロ中島さんと、
目黒川でお花見、
ってのやってましたね。


2人は、
今度やる、漫画ルーキーズ実写化ドラマで、
イケメン担当だそうで、

宣伝かねての出演ですかね。

佐藤くんは、まだ19なのね。



◆明日深夜の、
TBS系ランク王国って番組で、

「~マンといえば」ってランキングがあるとか。


なんでしょうね、スパイダーマンバットマン、、

意外と、
日本のキャラで万人に知られてるのって、
ウルトラマンぐらいな気が、、

ほかにありましたっけ。

ゼットマンよりは、スッパマンの方が、
知名度高いかしら(笑)


| | トラックバック (0)

絶対彼氏とウルトラネタ


◆前に、見ますって書いてましたが、

ドラマの「絶対彼氏」っての、
結構面白かったですね。


ライダーカブト水嶋ヒロくんと相武紗季さん、
あと、映画ライダー555で黒川芽以さんを撃ち殺した速水もこみちくんが、
ロボットで出てくるやつですね。

3人とも、演技がハマっててよい感じ。


水嶋くんはとりあえず、
かっこいいわよねぇ~、なにやってても。

ホームページ見たら、
水嶋くんの語りコーナーがありましたが、

相武さんと初対面のとき、人見知りの壁をなくすために、
♪わたくしあいぶさき~って、CMソングをずっと歌ってたとか(笑)

現場では、相武さんがムードメーカーって感じだそうですね。


もこみちくんのロボット演技は、
みょ~にリアルでしたね。

というか、ああいう突っ込みどころのないイケメンって、
作りスマイルしてると、ふつうにアンドロイドっぽく見えますねぇ(^^;


特撮はけっこうアナログな感じ。

早く走るときに、ありがちな早送り映像とかにしてないところ、
演出家さんのこだわり(?)を感じました。



◆関西ローカル情報ですけど、、

朝日放送のビーバップ!ハイヒールって、
ハイヒールのお2人が司会の番組。

明日17日の放送では、
ウルトラマンが怪獣と戦うときに、街を眺めてる気持ちを検証、
ってネタがあるそうですね。

戦いでいっぱいいっぱいなんじゃないかしら(^^;)


| | トラックバック (0)

ゴーオンジャー&気になるヒーローCM。


◆毎週しっかりと観てるわけではないんですけど、

今週のゴーオンジャー、いい感じでしたね。

自分を乗り越え、燃える系のお話は良いですねぇ。


先週は、冒頭にチラッと出る、
ローアングル合成がよい感じでしたね。

巨大ロボタイプの怪人が、町を徘徊。

やっぱりミニチュアだろうが実写合成だろうが、
おっ!、って思えるかどうかは、撮り方ですよねぇ。



◆ネスカフェ匠のCM、
先ほど初めて観ましたが、


飛行メカと怪獣、
最後にヒーローらしき足も出てきて、
ウルトラの戦い現場にいるような感じですね。

特撮もよい感じ。


http://jp.nescafe.com/takumi/top




◆最近すっかり、
バラエティのボケキャラで人気の、

ウルトラマンダイナつるの剛士さん。


彼が等身大ヒーローをやってる、
キリンNUDA・スッキリマンのCM。

わたしの活躍はWebで、って言ってますが、、
全部見るのは大変そうです。気力的に。

http://www.sukkiri-man.jp/

| | トラックバック (0)

ケータイ捜査官、レスキューフォース。

先週はクローバーフィールドに酔い、
昨日はアヤノ隊員・鈴木繭菓さんに酔いました。
酔いしれました(´` )
さて、、、(笑)



◆ケータイ捜査官7、初めて観ましたが、


シリーズ監督が三池崇史氏ってことですけど、

ホームページ見ると、個々の監督として、
押井守さんや金子修介氏の名前もありますね。



◆トミカヒーロー・レスキューフォースも
初めて観ました。


レスキューってことで、もしかして敵がいないのかと思いましたが、
なんかいるんですね。

幹部(?)3人、安田大サーカスが声をやってて、
ぼくは好きなんで面白かったです。

レスキューフォースの方は、
女性2人が、なんとなくデカレンジャーのウメコとジャスミンを
連想しましたけども。


戦隊ベースで、
サンダーバード的な救助要素を取り入れたようなお話?



◆VFXは、
ケータイ捜査官とどちらも白組だそうですが、
しっかり出来てますねぇ。


メカ出動シーンのドック内の色合いが、
どことなく、コナミヒーロー・スペクターを連想させるなあと思ってたら、
「ビルドアップ!」とか言ってるのが、ちょっとウケましたけど(^^;)



◆レスキューフォースの音楽は、

リューケンドーの大島ミチルさんに続き、
同じく女性作曲家さんで、若草恵さん。


よく知らなかったので、検索してみたら、
意外と年上の方で、ちょっとびっくり。

ロボタックの音楽もされてるようですが、
熱中時代の歌とか、見ると懐かしい歌の編曲もされてますね。


全然関係ないですけど、いろいろ検索してたら、
ロボタックにも出てた黒川芽以さんって、
絶対音感があるそうですね。

負けた、、負けたわ(笑)


| | トラックバック (0)

ゴッドマン、大後さんと水野美紀さん。

◆「行け!ゴッドマン」がDVD発売で、
手塚昌明監督の新作が特典で付くそうですよねぇ。


そういえば、頂き物の流星人間ゾーンLDに、
オリジナルが収録されてたな、
と思って見てたんですが、


LDは、ゴッドマンとグリーンマン、
6回分ずつ収録されてて、、

ゴッドマンはすべて、
対ゴロザウルスの、その1~その6みたいでした。

前にもここで書いた気がしますが、
ゴロザウルスは着ぐるみヘロヘロで、ひどいですねぇ(^^;

ってか、役者さんとサイズが合ってないとか??


新作は、造形・品田冬樹さんだそうですが、
雑誌の写真見ると、リメイクガイラとかいい感じですねぇ。

リメイクと言えば、
河崎実監督のギララも品田さんなんですね。


むかしは品田さんも、
電エースとか、河崎監督作品やってたんですよねぇ。



◆特撮ってわけじゃないですけど、

セクシーボイスアンドロボの大後寿々花さんが、
ガリレオってドラマにゲスト出演したときの、
やっとビデオで観ました。


化学の先生の福山雅治さんが、
謎を解くドラマですね。


これ、ちょっとびっくりしたのは、
大後さんのお母さん役が水野美紀さん。

そういう歳かしら、、そういう歳なのか?(笑)


ってか、なにがびっくりって、
わたくし、水野さんより年上なのよねぇ。。

もう、大後さんくらいから見たら、クソおやじよねぇ、、(-_-;


| | トラックバック (0)

クローバーフィールドなど。


きのう、レスキューフォース録り忘れた~!
さて、、



◆ミニラの部屋パソコン版の、
新トップページの完成を目指してたんですが、、

クローバーフィールド酔いの余韻で、
長時間のパソコンがきつくて、ギブアップしました(-_-;


というわけで、
映画観てきたんですが、、

ん~~~、
個人差があるようですが、ぼくの場合、

全編ハンディカメラの揺れる映像に、
軽い乗り物酔いみたいな状態になって、
つらい気持ちが先行してしまいました。

それがなかったら、もっと楽しめたかも。残念。


ここをご覧の皆さんなら、
おおっ!!、っていう部分はあると思うので、

自分が揺れに強いと信じて、観に行ってみよう、
という方はどうぞ。


エンドロールの音楽、個人的に好きでしたけど、
しかしもう、音楽にも集中できない身体状況になってて(笑)

というか、音楽担当者が誰か、
確認しようと思って、がんばってエンドロール観てたんですが、
作曲者は確認できませんでした(^^;

音響はルーカススタジオだったような。


自分としてはめずらしく、
終わったとたん、
同行者にひとこと、「つ、つかれた、、」と(笑)

けっこう、ほかのお客さんも、帰る足取りが重い感じで。

ちょうど食事時だったのに、
しばらく食事する気にもなれませんでした。


いや、くれぐれも、
個人差があると思うので、お気になさらず(^^;


| | トラックバック (0)

若手俳優その2&円谷会

◆前回書かなかったですが、

ライダーカブト水嶋ヒロくんは、
ドラマ宣伝で、
いいともスペシャルとかも出るそうですね。



◆今日も、
ライダーガールズ(えりかちゃん秋山さん松本さん)
&岡本奈月さんで、
お茶会だったそうですね。

岡本さんって、
風魔の小次郎とか、
例のケータイ捜査官ってやつにも出てるようです。


秋山奈々さんの日記は、
アメーバブログってやつに移転したそうで。

期間限定で、コメントも書けるようになったようですね。



◆そういえば、
BS熱中夜話のウルトラマンナイトは、

5月にもNHK総合で再放送だそうですね。



◆今日は、
もともとの円谷プロ様の、
クリエイター系の方々とお花見会でした。


学校の全校集会みたいな感じで同席したことはあったんですが、
お話したりするのは今回が初めて。

というか、立食形式だったので、
雰囲気的になかなか、面識がないと話しかけてもらえないので、
終盤、めずらしく自分から声かけたりもしてました。


考えてみれば、親会社のTYOの方とか、
誰ひとり、まともに会話したことないですしねぇ。

まあ、人数多い会社ってそんなもんですよね。


同じ映像作品の制作してても、
一緒に仕事する機会でもなければ、
作曲家なんて、現場見学に行っても誰やねんって感じだし(^^;

あ、深海獣零号(レイゴー?)の見学のときは、
しん平監督が、みなさんに一声かけてくださいましたっけ。


| | トラックバック (0)

若手俳優いろいろ。


◆「しにがみのバラッド。」ってドラマ、

テレビで観てなかったんですが、
ネット配信してたので、観てみました。


ライダー電王の佐藤健くんと、
響鬼であきら役の秋山奈々さんが共演してるエピソード。

まあ、いろいろと突っ込み始めると突っ込めるドラマのような気もしますが(^^;)、

秋山さんはやっぱり、
まだテンション抑え目の演技の方がハマってる印象ですね。



◆今日のフジテレビ「世にも奇妙な物語」観てたら、

ライダー555でヒロイン園田真理(でしたっけ)役の、
芳賀優里亜さんが殺されてましたね。

ん~、メジャーなドラマとはいえ、
微妙な選択ですよね、殺されるだけの役って。



◆はねるのとびらスペシャルで、
ドラマの宣伝も兼ねて、

ライダーカブトの水嶋ヒロくんや、
小美人長澤まさみさんらがゲスト出演されてましたね。

水嶋くんは、相武紗季さんと共演だそうで、
2人で出演。
どっちも好きなので、
とりあえずドラマは観ます(笑)


これを録画してたので、
特撮雑誌に出てる「ケータイ捜査官7」っての
録れなくて、観てません。



◆今、さまぁ~ずのトークバラエティで、

三村さんが、同じ事務所のゲキイエロー福井未菜さんに、
ゲキレンジャーショー観に来てくださいと誘われ行ってきた話をしてましたね。

最近はヒーローショーもいろいろすごいんですねぇ。



◆明日の深夜から、
NHK-BSの熱中夜話は、
3週連続のウルトラマン・ナイトですね。

まあ、うちはBSみれませんけども(^^;


| | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »