« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

レスキュー最終回、みらるちゃんダッシュマン~大怪獣バトルNEO。




Tv レスキューフォース
関東地区では最終回でしたね。


って、観ると1つ前の先週が、最終決戦って内容だったようで。

先週タイマー録画して見てなかったのを、発掘して見ました。
よかったわ、消さなくて。

(↑ テレビ特撮は、きりがなくて保存してないので(^^;)


戦いは、最後まで燃える感じでしたねぇ。

やっぱりヒーローに、燃えは重要ですよね。
レスキューの要素を入れてきた本シリーズは、とくに燃え度高かった気がします。


あと、
♪パ~ッパラッパ~ンって、
劇中のテーマ曲もいい感じでしたが、

主題歌もかっこよかったですね。
燃えシーンにハマります。




Shine 今週このコーナー、
みょ~にアクセス数増えてて、
なんだろうと思って、アクセス統計みたいのを見たら、


わたくし音楽音響担当した、

あの天才てれびくんドラマ「ダッシュマン」のヒロイン、
綿貫みらるちゃんの名前で検索して、

ここにたどり着いた方が、多くいらっしゃったようで。


みらるちゃんに何が??、、と思って、
こっちもいろいろ検索してみると、、


!、、これかっ!!


みらるちゃん、
ついに2009年度、

天才てれびくんにレギュラー出演!!、、
、、というウワサ(笑)


レギュラー出演者を、番組では、
てれび戦士と呼んでるようですが、

いつもは放送当日まで秘密の、
新年度のてれび戦士が、ちらっと写真で映ったそうですね。

それを見て、インターネットでは、
ファンのみなさんがあれこれ予想してるっていう、、

それを予測してたとすると、
面白い演出ですよねぇ。


しかし、ほんとに、
みらるちゃん、てれび戦士になるんだったら、
ちょっと見てみたいですね、どんな感じなのか(^^;

意外とキャラ変わってたりして(笑)

というか、レギュラーってことは、
きっとまたドラマにも出るんですかねぇ、、あらまあ。。




Tv ところでその、
天てれドラマ「ダッシュマン」って、

円谷プロ様と合併前の、
ビルドアップ様映像制作だったので、

スタッフけっこうかぶってるんですよね。


ダッシュマンでCG制作されてた方々が、
大怪獣バトルNEOにも参加されてたりして。


まあ、こういう業界、
人の動きも多いと思いますが、

そう考えると面白いもんですね。



|

カネゴンミニドラマと、最終回のドラマと。




Tv 今やってる、
CSファミリー劇場「ウルトラ情報局4月号」内で放送の、
カネゴンミニドラマ第10話、

再び、
映画「SHINOBI」などの下山天監督の担当回ですね。


今回も、見ていただくと、
おおおっ!って感じじゃないかと思います。

カネゴンなのにアクション。



そういえば下山監督って、
ドラマの「あしたの、喜多善男」の演出もされてたんですね。

あれは主演が、よく脇役で活躍されてる小日向文世さんで、
話題性ってとこで視聴率はもひとつだったようですが、
評価は高かったようですね。

いい感じだったので、ぼくも毎週観てました。



Tv ドラマといえば、いろいろ最終回でしたね。

今シーズンよく見てたのは、
メイちゃんの執事」と
銭ゲバ」と
キイナ ~不可能犯罪捜査官~」でした。


キイナは、
Xファイルというか怪奇大作戦というか、
そういうニュアンスありましたね。

警視庁捜査一課に、ちょっと変わった事件を扱う担当がいて、
それが菅野美穂さんともうひとり若い刑事で、
モルダーとスカリーみたいなノリでした。

そのXファイルほど、SF的ではないんですけど、
不思議な事件を、科学的な根拠や過去の実例も挙げつつ解明していくみたいな。

なかなか面白かったです。


銭ゲバは、松山ケンイチくん主演だったので観てみたら、
かなりドロドロしてましたけど(昼ドラとは違うドロドロ)、引き込まれて観てしまいました。

最終回まで、なあるほど~~って感じで。


メイちゃんは、
カブト水嶋ヒロくん榮倉奈々さんの主演に惹かれたのと、

電王佐藤健くんとの、
仮面ライダー対決も見たかったので、
なんとなく観てました。

そしてなんとなく観終わりました。。


|

3/13 その2 - ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO最終回




その2、、
書いといて載せるの忘れてました。。




終わりましたね、
大怪獣バトルNEO。


最終回のメフィラス星人が、
けっこう好きでした。

ブラックホールっぽい、モヤモヤしてるあたりのCGも、
良い感じでしたねぇ。


そういえばグランデは、
台本読ませていただいた感じでは、
ゴジラファイナルウォーズの、北村一輝さん演じる若いX星人みたいのを、
イメージしてましたけどね、

唐橋充さんが演じると、
もっと特異なキャラになってましたね。



しかし、、
続編シリーズとかやるんですかねぇ、

また違う大人向け企画とかも見たい気がしますが、

新作ウルトラマンも見たいですね、やっぱり。




さて、わたくしも初めて、
円谷プロ様のテレビシーズに参加させていただきましたが、、


光栄ですとか、そういうことよりも、
とにかく大変だったってのが、一番の感想ですかね。。

初めての制作体制とか、慣れない部分が多くて、
自分の力を十分に出し切れたかというと、
う~ん、、って思える部分もあって、

「みんな放送観てね~!」とか、
そういうテンションで書き込みできる気分ではなかったですね。

そのへんはもう、
今後の仕事に向けての教訓にします。


とはいえ、、

冬木さんのコンサートで、
休憩時間、上の階からず~っと、ロビーの売店を見てました。

なんだかんだでやっぱり、
大怪獣NEOのサントラ盤買っていただいてる方を、
実際、目にするとうれしいですね。

ご購入いただいたみなさま、ありがとうございます。



とりあえずわたくしは、

ひきつづきカネゴンミニドラマは、放送中ですね。
その話もまた書きます。


春ですねぇ。。。


|

3/13 その1 - 冬木さんコンサート大盛り上がり。




冬木透 CONDUCTS ウルトラセブン」行ってきました。

よかったですよ~。


司会進行はなんと(?)、
桜井浩子さんとTBSのアナウンサーさんだったんですが、

とくに、途中の森次さんひし美さんらのゲストトークのときは、
よい感じのツッコミされてたような(^^;



わたくし貧乏なんで、
3階席横からの観覧で、
ステージ半分しか見えなかったですけども、

やっぱりいいですねぇ、生は。


金管や打楽器の迫力もさることながら、
弦の響きとか、オーボエの切ない音色とか、ジーンときてしまいます。


最初は「ウルトラコスモ」って、
冬木さんの昭和ウルトラの曲をいろいろ合わせたような感じでした。

次の交響詩ウルトラセブンは、
あのおなじみのオープニングや劇中曲に近いものが生で聴けるなんて~!って感激があって。



で、さらにおおっ!、って思ったのは、そのあと。


ぼくも聞いてなかったんですが、
大怪獣バトルNEOで自作曲を歌われてる仲西圭三さん
なにかトークでゲスト出演されるのかと思ったら、

後半、セブンやウルトラ警備隊の歌をオーケストラバックで歌唱されました。


しかも今回、合唱団も参加ということで、
どういう形なのかと思ったら、
この歌のところで合唱のみなさんが登場。

そもそもどういう合唱団なのか、よく知らなかったんですけども、
出てきたのは、大人の方々と一緒に、
半分は子供たちでした。


ってことは、昭和ヒーローソング少年少女合唱団という、
マニア的には夢のコラボ!
しかもオーケストラ生演奏つき!

もう、大盛り上がりでしたねぇ~。


前に、
ドラえもんの歌をウイーン少年合唱団がやってたときは、
なんか不思議な感じでしたけど、

やっぱりヒーローソングに子供たちの声はハマりますね。


最初がウルトラ警備隊の歌で、
あいだに帰マンワンダバ曲も入りました。
合唱のワンダバも良い感じ。


そして、
冬木さんにサプライズらしきハッピーバースデー演奏があり(3/13はお誕生日だそうです)、

最後のセブンの歌は、
子供たちも振りつきでノリノリで歌って、
会場も手拍子で盛り上がり。


ひさびさの、
行って大満足~ってコンサートでした。


客層は親子連れもいたり、幅広かったですけどね、

しかし伊福部先生のコンサートもそうでしたが、
10代や20代前半ぐらいの若い世代ってほどんど少ないんですよねぇ。
その辺りはどうとらえるべきか、課題ですかねぇ。



長いので、
大怪獣バトルNEO最終回については、
その2で書きます。


|

平成特撮俳優と大怪獣バトル。



Tv ダウンタウンDXで、
杉本有美さんが、ゴーオンシルバーの変身ポーズをやって、
恥ずかしがってました。

まあねぇ、はずかしいですよねー、
ふつうの場所でやるのは。


ドラマの相棒には、
黒川芽以さんが出てましたね。

ケータイ刑事が夢の共演っぽくって、面白かったですわ。




Tv レスキューフォース第48話、
もうひとりのR2は、
ウルトラマンコスモスフブキ隊員でした。

このへんもう、平成特撮俳優さんも増えてきて、
ネット検索で確認しないと思い出せなかったわ、、(^^;


本編は、炎のCGとかも良い感じでしたね。




Tv 大怪獣バトルNEOも、
変わらずペンドラゴンの質感とか、
爆発の感じとか、良いですねぇ。


今週の12話は、ゴモラ対レッドキングが、
けっこう見ごたえありましたね。



次回はいよいよ最終回


自分の関わる作品については、いつも書いてますが、

脚本の段階から繰り返し見るので、
初めて見る人がどう感じるかって判断が難しいんですよね。


たとえば、ザラブ星人のときなんて、

あらかじめ台本読んで、
ギャグのネタがわかってる状態で本編見るので、

面白いですよ~ってお勧めは、なかなか出来なかったりして。



ってことですけど、最終回は、

初めて台本読ませていただいた印象は、
いい感じにまとまってるって思いました。

最終回が一番いいかも、って感じで。


ま、それが映像になって、
初めて観る皆さんがどう感じるかはわかりませんけども(^^;


ちなみに最終回、
わたくし作曲の音楽は、ほとんど無かったような(笑)

やっぱりまとめは、前作の曲や、
主題歌のアレンジがメインになってきますからね。

先週第11話は、各所に使われてましたけども、
今週12話は、ゴモラ対レッドキングの前半がわたくしの曲ですね。



|

ゴジラとゲハラと。




キイナってドラマに、
ライダー555の木場くん役、泉政行さんが出てましたね。

メイちゃんの執事では、
グランセイザー・インパクターロギアのアクションが、ちょい見れました。

ニュースになってる日本音楽著作権協会のホームページには、
大島ミチルさんインタビューが。

http://www.jasrac.or.jp/


その他、長いので大怪獣バトルの話はお休みで。




Book ゴジラ特集につられて、
雑誌フィギュア王、買ってしまいました。


先月は、水嶋ヒロくんと、巻末の4人ヒロインにつられて、
特撮ニュータイプ買いましたけども。

ま、買うきっかけってそんなもんですよね。
そんなことないですか?(笑)



ゴジラ特集は、
富山社長様の、次回作の話なども書かれてましたね。

2013年、ほんとに新作見れるなら楽しみですねぇ。


まずは世界規模ですごいの作って、
あとはいろんな監督さんを、、とか言われてますが、

最初の方のページで、
84ゴジラと同時上映の、モスラ対ゴジラのポスター画ゴジラフィギュア特集のところで、
松本零士さんもゴジラ映画作りたいって言われてますね。

やりたいって人は、きっとたくさんいるんでしょうねぇ、
ティムバートンゴジラってのも、実際観てみたい気もしますけど(^^;)
さてさて、次はどんなゴジラシリーズになるんでしょう。




Tv NHK怪獣映画「長髪大怪獣ゲハラ」、やってましたね。

門前払いでもう触れないでおこうかと思いましたけど(笑)、
(↑ 2つ前の書き込み参照)


特撮いい感じでしたねー。

円谷作品に関わらせていただきながら、
やっぱり自分は、怪獣映画すきなんだなぁ、と実感しました。


気になってた音楽は、
すべて伊福部昭先生の曲の流用なんですね。

しかもけっこうマイナーな、
純音楽作品(映画などの劇音楽じゃない、交響曲みたいな曲)から抜粋されてるのがまた、、

いや、伊福部先生の純音楽と特撮映画音楽、
どっちがマイナーかって言うとアレですけど、、

単純に、特撮音楽だと、
いかにも持ってきた感があるから避けた、ってことなんですかね??


あと、
上映前に樋口監督が言われてたのと合ってるかわかりませんが、
終わりぐらいのヒロイン藤井美菜さんの見上げる表情いいですねぇ。


で、石川県に出現ってのがまた、、

自分も、同じ北陸・富山県出身なんですが、
北陸地区は、怪獣に恵まれてないのよねぇ。
むかし一度書いた気もしますけど、

うちの富山は、
黒部峡谷からキングギドラ出現っていう、
栄光の1回があるんですが、
ギドラはソッコーで飛び去り、それだけですね。

もうひとつの北陸3県、
福井県も、ビオランテの若狭対決が1回あるんですが、

しかし、石川県は、
一度、ゴジラVSモスラのときに、
バトラが能登半島の岸壁に突っ込んでますけど、

それで石川に上陸するかと思いきや、
そのまま避けるように地中に潜り、
名古屋に出現っていう、、かわいそうな石川県でした。


今回は、やっと石川にも怪獣が、ってことで、
よかったですねぇ、石川県。

おめでとう石川県。


|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »