« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

今年書き残したいろいろ。



どぞみなさま、よいお年を〜(^_^)/

(↑最後まで読まない人のために書いておく。。)




●やっとこさダークナイトターミネータ−4を観ました。
良い感じでしたね。

ダークナイトはサントラも聴きました。

気が向いたら、年明けに詳しい感想を。




ウルトラマンゼロなりきりムービーの話、
途中で終わってましたっけね。

気が向いたら、年明けに書きます。




●東京上野でやってる、
空と宇宙展」ってのに行きました、今月。

気が向いたら、年明けに感想を。
モデルグラフィックスって雑誌で特集記事があるので、
それ見て行くと良いかもですね。




ディアゴスティーニ東宝特撮DVD本で、

最近ゴジラVSモスラのが出てましたけど、
それは買わずに、もとの東宝DVDの方にしました。


というのも、、
なにげにこのDVDには、
伊福部昭先生のありがたいインタビューが入っているとの情報をつかみ(短いですけど)、

ついでに、楽譜の画像なんかも入ってましたね。

ゴジラの楽譜は、東宝特撮映画全史ぐらいでしか見たことないので、貴重ですねぇ。




大映特撮映画大全って本見て、初めて気づいたんですけど、
首都消失」って大映映画だったんですね(笑)

中野昭慶氏が特撮担当されてて、
配給は東宝だし、

すっかり長年、
東宝特撮だと思い込んでました(^^;




大映といえば、
CSのビデオ録りで「妖怪百物語」も見ました。

気が向いたら、年明けに詳しい感想を。




●アバレイエローいとうあいこさんは引退決断されましたけど、

ライダー響鬼であきらの秋山奈々さんは、
8月で事務所を離れて、
フリーで活動されてるそうですね。

モッチー森絵梨佳さんも、ブログを見ると、
去年、芸能界やめたいって相談したことがあったとか。


いろいろ迷うことってありますよねぇ。

わたくしみたいに、
30過ぎてから作曲家デビューなんてこともありますから、

ワカモノたちは、
いろいろ迷って悩んでいいんじゃないでしょうか(^_^


響鬼といえば、ザンキの松田賢二さん、
前に、日テレさんま御殿に出演されてましたね。

面白そうな人ってイメージがありましたけど、
やっぱり面白かったですね。




ん〜、
今年もいろいろありましたねぇ。

まだ書き残しありますが、
また来年〜。


|

ウルゼロVSダロゼロのレオ曲と冒頭の音楽。




去年の「大怪獣バトルウルトラ銀河伝説」のDVD、
オリコンの年間ランキングで、邦画DVD部門7位になってますね。
いわゆる特撮モノでは、唯一のトップ10入り。

ま、アニメが別なんで、それ入るとまた違うでしょうけども、
しかし、仮面ライダーとかの映画DVDより売れたってことですかねぇ。




Cd 「ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ」、
STAGE2発売になりましたね。

音楽は、レオ主題歌アレンジが出てきました。

このへん、
わたくしの記憶では、監督さんから、
レオの劇中曲のアレンジを入れたらどうかと提案されてた気がするんですが、

どうしようって考えて、、


去年のメビウス外伝のDVDサンプルが出来てきたときに、
CGスタッフのみなさんと一緒に鑑賞してたんですよ。

そしたら、エースやタロウの主題歌アレンジが流れると、
「あ、歌のアレンジにしてるんですね」とか言ってくれて、

やっぱり、
それほどマニアじゃない人でも、
主題歌ってのは皆さんなんとなくおぼえてるようで。

逆に、
四天王が出るところはやっぱり四天王のテーマアレンジにしてるんですね、
とか言ってくれる人は、
わたくしの周りにはいませんでした(笑)


そんなこともあったので、今回も、
レオが出るシーンは主題歌アレンジにしました。

わかる人にはわかる、って演出もアリだとは思うんですが、
わたくしは、なるべくたくさんの人に意図を理解してもらえた方がうれしいので(^_^;


とりあえず登場シーン、と思ったんですが、
それだけだと短いので、あとの戦いシーンにも入れてます。

2種類の主題歌を入れたのは、
単純に、場面に合う部分を選んだってことですね。


今年1月ぐらいに、
ウルトラのキッズ向けDVDの音楽を作らせていただいてたんですが、

このとき、レオの主題歌アレンジ曲も作ってたんですよ。

なので、それぞれの主題歌はよく聴き込んで特長つかんでたので、
今回の登場シーンはイントロが合うなとか、
戦いシーンはもうひとつの主題歌サビが軽快でハマりそうだなとか、
そのへんはすんなりイメージできました。


ま、なにげに、ここで告知してないところでも、
いろいろお仕事担当させていただいてるんですけどね、

てれびくんテレマガDVD関連とか、
ライブステージ関連とか、
去年劇場でやってた、ベリアルマナーCMなんかも、
映画本編とは別に、わたくしの方で効果音制作してました。




Cd あ、で外伝DVDステージ2で一番迷ったのは、
はじまりの音楽でしたね。


映画だと、ロゴって冒頭1回しか出てこないですけど、

このDVDは上下巻で2回TSUBURAYAマークがあるので、
1回目ああいう形にしたけど、2回目どうしよう、って感じで。

そこは、対照的に静かな感じで始めときました。



ご鑑賞いただいたみなさま、ありがとうございます。


|

ガメラ浅黄、シンケンレッドドラマなどなど。




先週は、
外伝DVDのポストプロダクションスタッフ中心の、
お疲れ様会でした。

レイの南翔太さんも来てましたが、
やっとちゃんと自己紹介して、
このひと誰やねん状態解消しました(笑)

DVD今週発売ですねぇ。




今日は、
ゼロTHE MOVIEのプレミア試写も行かせていただきました。

同行した友人も、面白かった言ってましたが、


上映後に、監督キャストとヒーローたち、
ガルネクの皆さんも登場の、舞台挨拶がありましたね。


でなんか、TVでウルトラマンとジャンケン大会してたっていう、
AKBの人たちも応援で(?)来てました。

ま、AKBが来ようとも、エメラナ姫は輝いてましたけども(笑)


いろんな世代の人の舞台挨拶でしたが、
やっぱりみなさん、
何らかの形でウルトラマンに関する思い出あこがれがあるみたいで、

あらためてウルトラマンすごいな~とか思いましたけど、


ゼロに変身する小柳友さんも、
最後かなり熱く語られてましたね。




Book コンビニに行ったら、ライダーカブト水嶋ヒロくんの例の本が積んであって、

パン買うついでに手が伸びそうになりましたが、
こらえました、、(笑)


本もいいけど、
またテレビ出て欲しいわ~。

まあ、
騒ぎが収まるまではなさそうですけど。




Book タイムレンジャー永井大さんが、
人の顔を入れ替える手術が出来るドクター役で出てる、
フェイスメーカーってドラマで、

平成ガメラ浅黄役の藤谷文子さんが出てましたね。

ハロプロアイドルまのえりさんに恨まれる役で。


ひさびさにテレビ出演されてるの見た気がしましたが、
ネットで検索したら、
前クールのテレ朝ドラマにも出られてたんですね。

フェイスメーカーは、来週も出演されるようです。


そういえば、ドラマいろいろ最終回になってますけど、

毎週見てたのは、
電王の佐藤健くんや、
ロボット役でAKBの人が出てた「Q10」ってドラマぐらいですかね。

脚本の人が好きで見てたんですけど、
やっぱり良い感じでしたわ。


あと、シンケンレッド松坂桃李くんが出てる、
クローンベイビーって深夜ドラマも見てましたが、

けっこう、見ようと思って寝てしまうことも多かったので、
ついていけなかったですわ。。


もいっこ、ライダーWのフィリップくんが見たくて、
獣医ドリトルってドラマもなんとなく見てましたね。


|

カネゴン新作、なりきり。ヤマトの話。




ウルトラマンゼロTHE MOVIE、
今年はしっかり試写で観させていただきました。

おお~~、なるほど~~~。

、、、ま、書けませんけども(笑)


そういえばウルトラ銀河伝説外伝DVDで、
にせエースの内部メカがバ~ン!って映るとこ、

最初の頃なんとなく見てて、CGかと思ってたんですが、
ちゃんと造形物作っていただいてるそうですよね。

フィギュアかなんかで出して欲しい気もするんですけど(^_^




Movie 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のテレビ特番を見てたら、

白組で、
50名のCGスタッフが制作してるとか言ってましたね。


去年の「大怪獣バトルウルトラ銀河伝説」なんて、
ビルドアップのCGチーム10人ぐらいで、
メビウス外伝からぶっ続けでやってましたからねぇ、

やっぱり、
山崎貴監督のキムタクヤマトってなると違いますね。


よく、邦画でVFXが良く出来た作品が作られると、

あんまり普段、特撮に興味なさそうなお客さんが、インタビューで、
日本もここまで出来るんだってびっくりしました、
みたいなことを言われますが、

まずは予算が違うってこと分かってほしいですよね(^_^;




Cd 外伝DVDの作業から引き続き、
いくつか担当させていただいたんですが、

ひとつはなんと、
カネゴンミニドラマの新作2本!


CSファミリー劇場のウルトラ情報局で放送されていたものが、
これまでいくつか、てれびくんの付録DVDに収録されてたんですが、

そのてれびくんDVD向けに、
新作カネゴンを作ろうってことになったようですね。


んで、
なるべく前のシリーズのイメージそのままでってことで、

またわたくしが、音楽効果音および、今度は整音仕上げまで担当させていただきました。


同じく人間が声を発さない演出なので、
挿入歌(1話ボイジャーの歌が入ってます)以外の音は、
すべてわたくしの方で作ってるわけで、、

なにげに、このカネゴンミニドラマも、
現場で録った音って全く使ってないんですよね。

たぶん見てる人には、
ふつうにその場の音が流れてると思われてそうなところが多々ある気がしますが、
これも全部あと付けです。

今回のは、クリスマスのエピソードの方、
だいぶ細かく効果音入れてますね。




あと、
なりきりムービーの音楽も担当させていただきました。
これすごいですよねぇ、、

あ、長いのでまた次回。


|

ウルゼロVSダロゼロ音響。ヤマト鑑賞。




Movie 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」観て来たので、さらっと感想。


特撮いい感じでしたねぇ、邦画最高峰って感じで。

しかし、人間のやりとりが、いかにも最近の日本のテレビドラマ的で、
好みが分かれそうなところですね。


アニメのアレンジ音楽が入ってたり、
オマージュ的な演出があるのが、ヤマト世代にはうれしいところ。




Cd さて、
ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ」の話ですが、


前にも書いたとおり、声以外の全ての音の制作を、
円谷社内で行うっていう、ウルトラ作品史上初の試みでした。

(わたくしも今は社内スタッフとしてやらせていただいてるので。
 と言っても、契約上は個人で仕事請けるのも大丈夫です)


で、要するに、人間の声も効果音も、
現場で録ったものは一切使ってなくて、全てあと付けです、
レイやヒュウガの話し声や足音なんかも全部。


なので、わたくしの整音作業として、
アフレコに、その現場でしゃべってる風な響きをつけるっていうのもありました。

そこはリアリティを出すために、
ほぼ全ての声にそういうエフェクト処理を行ってます。


コクピットの会話にも、ああいう狭い空間の響きをつけたり、

ヘロディアが高笑いしながら去っていくところなんかも、
声もハイヒールの音も、もとは響きの無い音なので、
だんだん響いていく感じにつけてたりとか。


やっぱり声にしろ効果音にしろ、特撮と同じで、
観てる人に違和感持たれないように作りこんでいくってことですね。




わたくしも、(株)ビルドアップのときには、
音楽だけでなく、効果音制作や、
だいたいのミックス作業まで丸ごと担当させていただくことが多くて、

完全に仕上げまでというのも、何度かやっているので、
そういうのがあって今回、
整音も任されるということになったのですが、


あんまり注目されない部分ですけど、
かなり地道で大変な作業です。

とくに戦いシーンみたいに、いろんな効果音が入ってくると、
バランス悪いとどれが何の音だかわからなくなったりして。


その瞬間瞬間に、立たせる音を決めて、
他を引っ込めるっていう作業を、
時間軸に沿って延々やっていく、みたいな。


大変ですわ。
これで入院しました。

いや、ここが原因かどうかはわかりませんけども(笑)


|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »