« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

伊福部白寿コンサート





Book ムック本で、
平成ゴジラ、ガンヘッドとパーフェクションシリーズが続いて、
平成ガメラパーフェクションも出るそうですね。




Event さて、
だいぶ過ぎましたが、
伊福部昭 生誕九十九年白寿コンサート」っていうの、
行ってきました。

来年は伊福部先生、
生誕100年だそうですね。


コンサートは、基本ピアノと打楽器で、
編曲版の純音楽や映画音楽、門下の方々の曲も聴けました。

個人的に楽しみだったのは、
やっぱり映画音楽スコアと交響ファンタジーなんですけど、
スコアの演奏は井上誠さんの解説付でしたね。

世代的に、井上誠さんといえばゴジラ伝説の人!
ってことで昔からお名前は知ってたので、
初めて生でお姿拝見して感激でした(^_^;

曲は特撮系も多くて、
VSキングギドラの合体する前のドラットの曲とか、
VSモスラの終盤で流れる「聖なる泉」の曲などなどありました。

編成上、オリジナルスコアとは楽器が変わってたりしましたが、
なかなか劇中曲の演奏を聴く機会って少ないので、貴重ですねぇ。


あと、
SF交響ファンタジーのピアノ版っていうのも、
興味深かったですね。

自分はピアノ弾けないんですけど、
仕事のちょっと息抜きのときとかに、ゴジラのテーマや怪獣大戦争マーチなんかを、
キーボードで弾けないなりにやってみたりすることがあって、

これがちゃんと編曲されて、
ピアニストさんが演奏するって、
どんな感じなんだろうって、すごい気になってました。


実際聴いてみると、予想以上の迫力で、、

ちょうどピアノ鍵盤が見える席に座ってたんですけど、
指でなく腕で鍵盤をジャ~ンって鳴らしたりもされてましたね。

曲ご存知の方は、ジャ~ンってこのあたりかな、
とかなんとなく想像つくと思いますが、
やっぱり怪獣の音楽って、演奏も体力使いますよねぇ。

テンション高い演奏は、聴いてて燃えますね。


小編成のアンサンブルって、
それぞれの楽器の持ち味が直接伝わってくる感じが好きなんですけど、
今回も楽しいコンサートでした。


|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »