« スターウォーズ。 紅白歌合戦。 | トップページ | 読売テレビのキングギドラ対ゴジラ。 大河原版メカキングギドラ。 »

君の名は。



風邪っぽいのが抜けなかったりで、更新滞ってます。
新作の自主制作的なのの予告編を、今月中に流そうかと思ってましたけど、厳しいかもですねぇ。

録画の視聴は、まだ年始のを観てる感じで、やっと「君の名は。」を観ました。




◉ 新海誠監督の作品はいくつか見たことがあるんですが、
これは大ヒットも納得、って感じでした。

内容触れない方が良いと思うので、
軽いネタバレ感想は下へ































美しい画はいつもの新海監督作品という印象なんですけど、

この男女入れ替わりドタバタラブコメの、
どのへんが大ヒットにつながったんだろう、と思いながら観てました。

そして、ピンときたのはやっぱり彗星落下の話が出てきたところで。

以前観た作品にも、宇宙を題材にしたものがあったり、
若い男女の純愛を描くものが多かったですが、

なるほど、この流れで切ないラブストーリーになっていくのかな、
とは分かるものの、なかなか先の読めない展開で引き込まれました。
最後はきれいにまとまって。


観終わってなんとなく思ったのは、
なんであの2人だったんだろうってとこですかね。

ぶつかるとか何かきっかけがあったわけでもなく、
ある日突然気持ちが入れ替わった2人ですが、
お互いひかれ合うことが無ければ、ああいう展開にはならなかったわけで。

神様みたいな存在がいて、こういうことを引き起こしたのだとしたら、
なかなか回りくどいことやってるなぁ、みたいな 笑

神様のちょっとしたお遊びのゲームだったのかしら。


|

« スターウォーズ。 紅白歌合戦。 | トップページ | 読売テレビのキングギドラ対ゴジラ。 大河原版メカキングギドラ。 »