« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

フランケンシュタイン対地底怪獣、サンダ対ガイラ。



諸事情により、BSCSが一部見れるようになったので、

日本映画専門チャンネルでやってた
「フランケン対バラゴン」「サンダガイラ」をひさしぶりに観てました。


いい感じ、というか何ともいえない気持ちになりますね、
あの最後フランケンはどういう心境だったのかしら、とか。

しかしそれにしても、、
唐突乱入イノシシやっぱりすきだわ〜
かわいすぎる。ミニチュアほしい。



その他観た映画。

「闇金ウシジマくん Part3」
「走れ、絶望に追いつかれない速さで」

どちらも出てる俳優さんにつられてですけど、
楽しめました。


|

先週公開の映画。



ブログの更新、なにげにGW以来で、、

訃報が続いてますが、、

ゴジラや巨獣はまだ観に行けてません。




巨獣のテレビCMはすごくよく見かけるけど、
アニメゴジラのCMあまり見ないな〜
公開間際くらいにバ〜ッと宣伝するのかな、

と思ってたらいつの間にか公開になってて 笑
興収ランキングも完敗してますね。


ぴあの初日満足度でゴジラ上位になってましたが、
1位はピーターラビットですねぇ。

ああいうキャラクターの実写化も、見飽きたというかなんというか、
CGで作りました感が気になってしまいますわ、
お話はいい感じなんでしょうけども。

いやまあ、巨獣も今はだいたいCGですけどね。。


|

レディ・プレイヤー1




観てきました〜。
楽しかったですねぇ。

パンフレット買わなかったんですけど、
けっこう濃いい内容だそうなので、あとで買おうかしら、サントラも。



伊福部ゴジラテーマは、
音源そのままでなく、メロディ含めたアレンジ曲でしたね。

まさかゴジラのテーマメロディの、
アラン・シルヴェストリ アレンジが聴けるなんて〜!

エンドロールにもちゃんと、
「GODZILLA Main Title by Akira Ifukube」って出てて。
スピルバーグ作品でこの扱い、すごい。



ネタバレというか、
もう情報出まくってるんで書いてしまいますが、

ガンダムVSメカゴジラ!
情報だけでなく、ついには実際の場面を一部ネット配信までされてて、
先に観ない方がいいかな〜とかなり迷いましたが、
耐えきれず観てしまいました 笑

しかし、それ観た上でも、
実際映画を観ると、そこやっぱり脳内テンションMAXでしたわ。
「俺はガンダムでいく」
わかってたけど燃える〜 笑

それがあるので字幕の方がいいかな、と思って、
けっきょくまた2D字幕で観てしまいましたが、
あれは3Dの方がよかったですかね。



メカゴジラは最初、
どれが出るんだろう、昭和かな、と思ってたんですが、
雑誌の映画秘宝をチラチラ見てたら、どうやらオリジナルで。

原作小説では機龍メカゴジラが登場してたそうで、
ウルトラマン対メカゴジラって、マニア的夢の対決が展開されてるとか。


メカゴジラのデザインは、西川伸司さんによると、
生頼範義ポスター版をもとにしてるってことですよね。

でも顔つきはなんかアメリカンコミックな印象で、
だいぶ前傾姿勢なところが、メカ”GODZILLA2014”って感じもしました。


しかしその辺のいろんな事情を知らなかったら、
「メカゴジラ!」って言われても、
いや、なんか違う違う、ってなってたかもしれませんけど 笑、
そういう意味では、前情報知ってたのは良かったかも?



全体に見せ場のCG部分は、ゲームの中の場面だったので、
質感がどうとか、そのへんは気にせず見られましたね。

髪の揺れ方とか、
わざとゲームのCGっぽくなってるのが面白かったですけど。



公式サイトにも載ってるパロディポスターも面白いですね。

本編も各所に80年代テイストが見られて、
その時代の歌や、劇伴音楽もバックトゥーザフューチャーの人だし、

なつかしのスピルバーグワールドって感覚があって、
そこも楽しかったです。


|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »