« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

良いお年を。

見落としてましたけど、
新しい戦隊は、3月から「騎士竜戦隊リュウソウジャー」だそうですね。

ん〜、やっぱり「ドラえもんのび太と竜の騎士」を思い出す 笑

それでは良いお年を〜〜〜。

|

宇宙戦艦ヤマト2202〜紅白歌合戦




アニメはグリッドマンも観てたけど、
宇宙戦艦ヤマトも観てますね(もちろん2199から)。

こっちはグリッドマンよりはおじさんが観てる印象強いというか、
自分もむかし、とくに「ヤマト2」や「さらばヤマト」あたりはいちばん観てた気がするので、リメイクも気になって観てる感じです。

脚本は岡監督も参加されてるそうですね。
岡監督といえば、VSダークロプスゼロのときも、
効果音について、アレは宇宙戦艦ヤマトのアレみたいな音でって注文されてたそうで、
担当の金光さんが悩んでて相談受けたりしてたのを思い出します 笑


昭和のオリジナルヤマトは、2199放送のあたりに、
BSで無料放送してたので観てましたが、
細かいところすでに忘れてますね、、
今回のも毎回緊迫感のある展開に見入ってしまいます。

もともとデスラー出てくるのって遅かったんでしたっけ。
なかなか出なくて、渦の中心狙えって誰が言うのかと思ったわ 笑


そいえば、ゴーバスターズイエローの人が新キャラの声担当するそうですね。
声優としては、ラブライブがらみで今年の紅白も出るとか。
すごいですねぇ。

紅白といえば、純烈ってグループも出場決まりましたね。
仮面ライダーゾルダの涼平さん、LiLiCoさんと結婚とか見ると、
ほんと人生いろいろだな〜って思いますね。


|

今期観てた一般ドラマ。




今日から俺は
下町ロケット
忘却のサチコ
アシガールSP
世にも奇妙な物語 '18秋



「今日から俺は」

原作よりはだいぶ、いつもの福田雄一さんドラマって印象も強かったですけど、
昭和つっぱりドラマなのに意外と小学生にも大人気だったそうですね。
夜10時半からの放送で、どうやって小学生に浸透したのかしら。
SNSですかね。見逃し配信でネットでも観れるから??

原作漫画は、なんとなく連載をリアルタイムで見たり見なかったりって感じだった気がするんですが、
あの今井監禁のエピソードははっきり憶えてますわ。

ドラマの方は、女性陣も強くてガンガン不良男子をやっつけるのが見てて面白かったですね。



「アシガールSP」

レギュラーが面白かったので、スペシャルも観てみました。

若君役の健太郎くんって、レギュラーで見たときは誰だろうぐらいでしたけど、
その後いろいろやってちょっと貫禄出たような?
「今日から俺は」の伊藤役きっかけなのか、伊藤健太郎に改名したそうですね。

ドラマはまた続編あってもおかしくない感じで、
しかしいろいろみてたら、ドラマのムック本や、夕方のドラマにしてはめずらしくサントラ盤も出てたり、大人気みたいですね。



「世にも奇妙な物語 '18秋」

本郷奏多くんよかったです。



|

猿の惑星新世紀、吹き替え版。


猿の惑星新世紀、吹き替え版もCSでやってたので見てみました。

英語をしゃべり始める猿の声が違和感なかったので、
日本語版がどんな感じか見たかったんですが、

、、、なんでしょう、
音響的な違和感はないんですけど、
やっぱり猿が日本語をしゃべり始めると、吹き替えかなって思えてしまうというか 笑

自国語が聞こえるとそういう感覚になるのかしら、
ん〜、なるほど〜。

|

SSSS.GRIDMAN 追記


そういえばグリッドマン、
主題歌も、あの「目を覚ませ僕らの世界が何者かに侵略されてるぞ」
ってところがヒーロー好きにはちょっと燃える感ありますね。


あと最終回、一番最後の実写のところって、
こういうの声優さんが演じるってパターン??
と思ってアニメオタクの友人に聞いたけど違うとのことで、

なんかいろいろ見てたら、あれはウルトラマンXのアスナ隊員の坂ノ上茜さんじゃないかって噂があるとか。
そう言われれば、似てるといえば似てるような、
名前もアカネだし、、笑

前回書きましたが、丸顔に弱いんで坂ノ上さん応援してますよ〜
ブランチとかもなにげにチェックしてます。

|

大怪獣チャランポラン祭り 鉄ドン 曲配信



「大怪獣チャランポラン祭り 鉄ドン」クロージングフィルムの、
戦い場面の曲を配信始めました。

配信中の鉄ドン出現のテーマは、間もなく一旦配信停止します。


曲については、実はどちらも劇中で使用のものから多少アレンジしてます。
“もとはこんなイメージ” バージョンというか、

劇伴音楽っていろいろと制限があって、
たとえば場面の長さの関係で、思いついたメロディが全部入れられなかったり、
激しい曲も、人が会話を始めるとちょっと押さえた感じにしないといけなかったり、
そういうところが面白かったりもするんですが、

ここでは、鉄ドンの台本読んだり映像見たりした時に、
パッと思いついた最初の曲のイメージに近い形にアレンジしたものを配信しています。




|

SSSS.GRIDMAN #12「覚醒」(最終回)




こっちも終わってしまいましたね〜。


一番最後の描写は、
前回書いてた、新条さんが生きている現実世界ってのが当たってたってことですかね、

響くんたちがその現実世界にいるのかどうかは分からないですけど、
新条さんの作った世界は、それはそれとして新条さんの中に存在し続ける、ってことなのかしら。


しかし、あのオリジナル特撮版グリッドマンが絡む展開は、全く予想外でしたわ、、
アクセスコード「GRIDMAN」とか、
主題歌や初代アノシラスも出てくるっていう。
ま、アノシラスが2代目ってことで、つながってる世界って設定はありましたけども。


オリジナルグリッドマンからのリメイクというか続編というか、
そういう目線で観ると、うまいこと今のアニメファンのみなさんに浸透しやすい作品になってたな〜って印象でした。
女の子キャラ2人が注目されたこともあって、ふつうに若い世代も巻き込んだ感じでしたし。
そこはもともと狙いだったのかしら、どうかしら。

めずらしくアニメオタクの友人とあれこれ語れたのも楽しかったですわ。


|

ウルトラマンルーブ#25「朝日のあたる家」(最終回)




最終回、いい感じにまとまりよく終わってましたね。


直前に、春の劇場版で妹アサヒがウルトラマンに変身って情報が発信されて、
ええ〜!公式で最終回のネタばらし!?とか思いましたが、
テレビでは変身しなかったですね。

アサヒの正体はクリスタルってことで、
ルーゴサイトが怪獣形態に戻ったみたいに、アサヒもウルトラマン形態になるみたいなことなのかしら。


シリーズ全体のお話としては、
前半の愛染社長は終始、なんだ?何がしたいんだ?って感じありましたけど、
だんだん後半に向けてまとまっていったような。

各キャラは、
もちろん演技してるからってのはありますけど、
ルーブ兄弟が、観るたびにほんとの兄弟みたいに見えて良かったですね。

しかし変身シーンは、最終回の飛び降りながらみたいな、勢いある方が好きですかねぇ。


あと個人的には、丸顔に弱いんで女子2人もかわいくて良かったです。笑
なので前半より後半につれ視聴意欲向上っていう。。

そういえば、つるちゃんの人も劇場版キャストに入ってましたね、
回想シーンとかですかね。


|

SSSS.GRIDMAN #11


そして新条さんは、どうしようもなくついに響くんを刺してしまう!

ま、観てる側としては、正体バレた時点で、響くんをどうにかすればいいのにっていうのはありつつも、
それをやっちゃあヒーロードラマとして面白くない、っていうのがあるわけで、

しかしやってしまいましたね、反則行為。
いや戦いに反則もくそもないんですけども。。


そして響くんが倒れた代わりに怪獣と戦うアンチくん。

グリッドナイトって名前を受けたとたんに、
グリッドナイトなんちゃら〜って技をガンガン繰り出す!笑
やっぱり必殺技は叫ばないとね。


自分の役目は何だって悩む内海くん。
そういえばオリジナル版では、
変身しない2人もなんとなく役割がありますね。

新世紀中学生の小さい人に、
こういう時ウルトラシリーズならどうなるんだ?
とか聞かれてましたけど、そこで力を発揮して欲しかったわ 笑
まそうなるとだいぶ特撮寄りになってしまいますけども。


で、響くんは響くんではなく、
取り憑いてるグリッドマンなんだと自分で気づく。。

どうなるんでしょうね、最終回。
ウルトラマンルーブはどうにかなるのかな、と思いますけど、
こっちは検討つかないですわ。

そもそもここが新条さんの作った世界だとすると、
新条さんが生きている現実の世界っていうのが存在するのかしら。
う~む。。

|

SSSS.GRIDMAN #9、#10




第9話「夢・想」


3人それぞれの別世界、、、
またややこしい哲学的な演出かと思ったら、
怪獣の仕業で夢見てるって設定でしたね。

「まんだらけ」ならぬ「せぶんだらけ」とか、
内海くんのところはウルトラネタ満載でしたけど、
都合が良すぎる展開に、こんなこと有り得ないって気付き、、
ま、あんな都合のいい女子なかなかいないっすわねぇ、しかも特撮好きっていう 笑


そして響くん寝てるので、メカだけ合体ロボも登場しましたね。
ますますタカラのおもちゃっぽくて好きだわ〜。




第10話「崩・壊」


最初の頃から思いましたけど、
新庄さんってクラスで浮きそうな感じなのにみんな親しげに声かけてくるってのも、
そういうふうに設定されてるってことなのかしらね。


そして、新庄さんスランプの中、
アンチくんがグリッドナイトに!

グリッドナイトって、ウィキペディア見るとオリジナル特撮版でも企画としてもう1人出てくる案があったそうですね。
アンチくんは西川さんデザインですけど、グリッドナイトは後藤さんデザインだそうで、
どっちもかっこいいっすね。


|

SSSS.GRIDMAN #6〜#8




グリッドマンも来週最終回なのね、さみしい。。


第6話「接・触」

怪獣少女アノシラスが出て、
じわじわ謎が明かされ始めたというか、明かされてはないですけどね、

アノシラスって、(2代目)って書いてましたけど、
オリジナル特撮版にも出てた怪獣なんですね。
ちょうどGyaoで振り返り配信やってたので、初代アノシラス見てみました。

なるほど、もともとコンピューターワールドに住んでる怪獣なのね。
なんか特撮系魔法少女的な女の子と共存してるっていう。



第7話「策・略」

アンチくん持ち込み企画ですね、
いいですね、なんかキャラ的にその言い方もOKで。



第8話「対・立」

ついに合体、フルパワーグリッドマンでしたね。
ドラマより合体シーンがテンション上がってしまったわ。


|

ウルトラマンルーブ#24「私はハッピー」

もう来週最終回なんですね。

ってもうツルちゃんいってしまった!
早い!、、泣ける回でした。

どこかの検索ワードでも「ツルちゃん」ってランキングに入ってましたね。

最後は、復讐に燃える心が薄らいだようになって、、
アサヒに変身アイテム託したのは、何か意図があったのかしら、
単に兄妹がんばって、っていうこと??

そしてアサヒは変身するのか、、、?
したら面白いですけど、どうなんでしょ。

もしかして最後にアサヒの秘密を言ったりするかと思ったら、違ってましたけど、
タイトルの「私はハッピー」って、まさかのツルちゃんのセリフっていう。。

|

GODZILLA2019予告第2弾

ゴジラキングオブモンスターズの新しい予告編出ましたね。

深夜に、作業終わって寝る前になんとなく検索してみたら、23分前に公開って動画が出てきて、
寝ないで繰り返し見てました 笑

先週書いてたギドラの声は残念でしたけど、
全体にもう、
とくにアニメゴジラ3を見た後だとよけいに、こういうの見たかった感ハンパないっていうかごめんなさい、きっと好みもあると思うんですけどごめんなさい、

こんなに、公開待ち遠しいと思えた映画は久々ですかね。
ま、本編観てみないとっていうところもありますけど、2014と比べると予告編からバトル全開な感じが良いですね。

あとは、ラドンが通ると街が吹っ飛ぶとか、
地面から出現する怪獣とか、
ギドラも翼はドラゴンっぽいけど尻尾がしっかりギドラだったり、
ツボ押さえてる感じが、
ハリウッドゴジラでモスラやラドン、ギドラが出るって、どんな感じになるのか、けっこう心配の方が強かった気もするんですけど、
これはほんとに楽しみ。

|

ウルトラマンルーブ#19〜23




第19話「善人と悪人」

第20話「星屑の記憶」

第21話「あめ玉とおまんじゅう」

第22話「異次元かあさん」

第23話「滅びのクリスタル」

つるちゃんの正体が明らかになって、
けっきょく愛染社長もつるちゃんも、完全なる悪って存在ではなかったですね。

ウルトラマンに憧れた宇宙生命体と、
ウルトラマンとともに戦って、敵を打つべくリベンジ狙いのつるちゃん。

21話からは新たなルーブ兄弟にやられてますが、
最終的にどうなるのかしら、共に戦うことになるんでしょうかねぇ。


22話は母さん登場で、思ったより感激の再会な感じが薄かったですけど、
幼い頃に分かれたからってことですかね。

しかしけっきょくアサヒ誰の子問題は分からず。
クライマックスに絡んでくるんですかねぇ、
まさか映画に持ち越しとか、、


そしてお母さん、
なんと、わりとあっさりルーゴサイトをクリスタル化!

でもルーゴサイト自身の能力で(?)つるちゃんの変身アイテムを奪い、
クリスタルをはめるところに自らはまって実体化!

ついに出現ってとこで終わりでしたが、
お母さんの、ルーブ兄弟がやられる未来を見たってのも気になり、、

ま、最後はどうにかなるんでしょうけど 笑、どうなるのかしら。


そういえばキングジョーのドック合体シーンいい感じでしたね。



|

GODZILLA2019




ゴジラキングオブモンスターズの情報いろいろ出ましたね。
近々新予告編が公開されるそうですが、
コミコンのステージの様子がネット配信されてるのが嬉しい。


「モスラやキングギドラのコンセプトアートが初公開された『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ステージイベント:東京コミコン2018」
https://www.youtube.com/watch?v=qqelMnk5LN4



まず音関係で言うと、

ステージで流れた曲は、やっぱり本編の曲なんですね。
レディプレイヤーワンよりはっきりゴジラテーマな感じですね。

ゴジラとモスラのテーマメロディは使ってるということで、
なにかと伊福部先生のテーマ曲と言われてますが、
モスラって、あの歌だとすると古関裕而さんですよね。


あとはやっぱり鳴き声、
日本の作品でも、けっきょく平成以降は声としては使われていない昭和ギドラの声、
本編に出てきたら拍手喝采したいところですけどね、どうかしら。
オリジナル音源から加工してるとか言われてましたねぇ、
気になるところ。



ビジュアルは、

ゴジラは2014年のものに初ゴジの背びれをつけたデザインということで、
尖った感じの背びれから、初ゴジ風になってますね。
背びれは大事ですよね、まさにマニアな監督。

それぞれの怪獣の、過去の作品からの共通項を研究したということですが、
たしかにキングコングのときのラドンのシルエットとか、直接この映画でのデザインと関連してるかどうかはわからないですけど、
頭の形で、え?これはもしや?ラドン?って思いましたね。

で、すでにSHMonsterArtsの画像が公開されてますが、
ギドラはやっぱりドラゴン感ありますね 笑
モスラはけっこう違いますけど、予告の映像ではふわ〜っとした感じになってましたね。


あ〜楽しみ。ますます楽しみ。


来週はテレ朝でまたシン・ゴジラ放送だそうですね。


|

前田憲男さん




先週、訃報がありました。
じつは1度だけ、ネット上でメールのやり取りさせていただいたことがありました。


特撮関係だとスターウルフの音楽でも知られる方ですが、
自分はむかしサントラ盤を買ったアニメのクラッシャージョウの音楽担当ということで初めてお名前知りました。

そのサントラ(当時はレコードであらためてCDも購入)、特に交響組曲の方ですけど、
作曲の際にすごく参考にさせていただいてます。
オーケストラアレンジとか、メロディの繰り返し方とか、構成その他いろいろ。
Img_2307


メールは、自分がまだ作曲の仕事始めて3、4年っていう頃でしたが、
前田氏がホームページ開設されてたのを発見して、ついついファンレターのようなつもりでメールメッセージを送ってしまったのでした。

内容も、作曲の仕事を始めてクラッシャージョウの曲参考にさせていただいてますというようなメールでしたが、
それに対してしっかりお返事をいただけて、
アニメはやっぱり世代を超えて愛されてて嬉しいです、というような内容でした。


で、厚かましくも、仕事でお会い出来るような機会があったときには宜しくお願いします、とか書いていたのですが、
それに対しても、いつかご一緒できると良いですね、というようなお言葉をいただいてました。
過去のメールから発見したのを読んでて、泣けてしまいました。
残念です。ご冥福お祈りいたします。



|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »