音楽

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」感想 その2(怪獣の声、テーマソング問題)

 

怪獣の声は、
モスラはわりとオリジナルのニュアンスが感じられる声でしたね。

ゴジラも、通常の2014からの声に加えて、
も少し日本のゴジラ声に近いと思える音も使われてたり。

キングギドラの声は、音のお尻にやんわ~り昭和ギドラのニュアンスがあるような無いような?、、、

勘違いかわかりませんが。

 

ギドラって、わりと海外の役者さんもギドラって発音されてる感じはありましたが、
渡辺謙さんは、またはっきり日本人っぽくギドラって言ってるように聞こえました。

ラドンって言うセリフがあったら、ロダンと違いがはっきりわかったと思うんですけど、
謙さんはラドンとかモスラ言って無かったような。

 

 

今回の感想書かれてる方のを見ても、

伊福部テーマソングが使われてる、とか見かけたりしますが、

 

世の中的には、歌じゃない曲をソングとか主題歌とかいうのは普通になってるんですかね、

モスラの歌は確かに歌ですけど、

自分はいまだにちょっと抵抗感じるところもあって、

 

以前、怪奇大作戦や大江戸捜査網の音楽の玉木宏樹氏が、

サイトの掲示板の質問に対して、歌じゃないので「主題歌」ではないですよ、

と返信されてたの覚えてますが、

 

どこかのドハティ監督インタビューでも、

監督が「テーマソング」って言ってるふうに書かれてて、

あれは実際監督が theme song と言われてるのか、訳す人がそう書いたのか、

 

でもネット上の海外の方の文章を見ると、

スターウォーズのテーマを theme song と書かれてる方がいたり、もとの語源がそういう意味合いってことなんですかね。

ちょっと気になってしまいました。

 

 

|

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」感想 その1(音楽関連)






いや~
面白かったですけど、

今回もまたそんなに特撮マニアでない友人と観に行って、
終わってすぐ「面白かった」って言ってたのでほっとしました。

それぐらい、思った以上にマニア向けのネタ満載だったので、
一般の人も面白かったんだ良かった~みたいな 笑



音関係で言うと、

アレンジ曲は、
劇中のは効果音ガンガンなってる部分も多くて、
モスラの曲なんかはよく聴くとやんわ~りモスラの歌のメロディが聴こえるかな、くらいな感じでしたが、
エンドロールでしっかり聴けました。


ゴジラのテーマに、打楽器と掛声のリズムが合わさっていくのかっこいいですね。
公開されたこの映像見ると、声で日本人の方も参加されてる様子ですね

Godzilla KOTM - Making the Music - Bear McCreary (official)



モスラの曲も、オリジナルに近いニュアンスからじわじわ金管など入って壮大になっていくアレンジがいい感じで、
しかも出だしは、モスラの歌の前奏部分もしっかりコピーされてるのがびっくりでした。


あと同じくエンドロールのオイスターカルトのGodzillaの歌、
懐かしい~って思いましたけど、
ゴッジラ〜って伸ばすのちょっと気になってしまいました。そこは歯切れよくいって欲しかった気が。

しかしこの曲って、
ファンのみなさんにはどういう風に浸透していったんでしょうね。

自分は、VSビオランテキングギドラのときに、読売テレビでゴジラや東宝特撮を特集放映してて、
番組のテーマ曲みたいに使われてたのを観てたので、すごく馴染みがあったんですが、

当時って、インターネットもそんなに普及してないけど、
なんとな〜くマニアの間でうわさになるみたいなことってありましたけど、そういうことなのかしら、どうかしら。


|

ゴジラコンサート

 

シカゴのゴジラコンサートのクラウドファンディング、あと2日くらいで締め切りですね。

 

もう予算は達成したみたいですが、

伊福部昭氏佐藤勝氏の曲とともに、

大島ミチルさん指揮で、大島さんの曲も多く演奏されるとか。

 

新規で作曲された、シカゴにゴジラが現れたらっていうイメージ曲も初演されるとの事で、

聴いてみたいので自分も申し込みました。

 

「Kaiju Crescendo By Michiru Oshima and John DeSentis」

https://www.kickstarter.com/projects/kaijucrescendo/kaiju-crescendo/rewards

 

 

|

大怪獣チャランポラン祭り 鉄ドン 曲配信



「大怪獣チャランポラン祭り 鉄ドン」クロージングフィルムの、
戦い場面の曲を配信始めました。

配信中の鉄ドン出現のテーマは、間もなく一旦配信停止します。


曲については、実はどちらも劇中で使用のものから多少アレンジしてます。
“もとはこんなイメージ” バージョンというか、

劇伴音楽っていろいろと制限があって、
たとえば場面の長さの関係で、思いついたメロディが全部入れられなかったり、
激しい曲も、人が会話を始めるとちょっと押さえた感じにしないといけなかったり、
そういうところが面白かったりもするんですが、

ここでは、鉄ドンの台本読んだり映像見たりした時に、
パッと思いついた最初の曲のイメージに近い形にアレンジしたものを配信しています。




|

前田憲男さん




先週、訃報がありました。
じつは1度だけ、ネット上でメールのやり取りさせていただいたことがありました。


特撮関係だとスターウルフの音楽でも知られる方ですが、
自分はむかしサントラ盤を買ったアニメのクラッシャージョウの音楽担当ということで初めてお名前知りました。

そのサントラ(当時はレコードであらためてCDも購入)、特に交響組曲の方ですけど、
作曲の際にすごく参考にさせていただいてます。
オーケストラアレンジとか、メロディの繰り返し方とか、構成その他いろいろ。
Img_2307


メールは、自分がまだ作曲の仕事始めて3、4年っていう頃でしたが、
前田氏がホームページ開設されてたのを発見して、ついついファンレターのようなつもりでメールメッセージを送ってしまったのでした。

内容も、作曲の仕事を始めてクラッシャージョウの曲参考にさせていただいてますというようなメールでしたが、
それに対してしっかりお返事をいただけて、
アニメはやっぱり世代を超えて愛されてて嬉しいです、というような内容でした。


で、厚かましくも、仕事でお会い出来るような機会があったときには宜しくお願いします、とか書いていたのですが、
それに対しても、いつかご一緒できると良いですね、というようなお言葉をいただいてました。
過去のメールから発見したのを読んでて、泣けてしまいました。
残念です。ご冥福お祈りいたします。



|

レディ・プレイヤー1




観てきました〜。
楽しかったですねぇ。

パンフレット買わなかったんですけど、
けっこう濃いい内容だそうなので、あとで買おうかしら、サントラも。



伊福部ゴジラテーマは、
音源そのままでなく、メロディ含めたアレンジ曲でしたね。

まさかゴジラのテーマメロディの、
アラン・シルヴェストリ アレンジが聴けるなんて〜!

エンドロールにもちゃんと、
「GODZILLA Main Title by Akira Ifukube」って出てて。
スピルバーグ作品でこの扱い、すごい。



ネタバレというか、
もう情報出まくってるんで書いてしまいますが、

ガンダムVSメカゴジラ!
情報だけでなく、ついには実際の場面を一部ネット配信までされてて、
先に観ない方がいいかな〜とかなり迷いましたが、
耐えきれず観てしまいました 笑

しかし、それ観た上でも、
実際映画を観ると、そこやっぱり脳内テンションMAXでしたわ。
「俺はガンダムでいく」
わかってたけど燃える〜 笑

それがあるので字幕の方がいいかな、と思って、
けっきょくまた2D字幕で観てしまいましたが、
あれは3Dの方がよかったですかね。



メカゴジラは最初、
どれが出るんだろう、昭和かな、と思ってたんですが、
雑誌の映画秘宝をチラチラ見てたら、どうやらオリジナルで。

原作小説では機龍メカゴジラが登場してたそうで、
ウルトラマン対メカゴジラって、マニア的夢の対決が展開されてるとか。


メカゴジラのデザインは、西川伸司さんによると、
生頼範義ポスター版をもとにしてるってことですよね。

でも顔つきはなんかアメリカンコミックな印象で、
だいぶ前傾姿勢なところが、メカ”GODZILLA2014”って感じもしました。


しかしその辺のいろんな事情を知らなかったら、
「メカゴジラ!」って言われても、
いや、なんか違う違う、ってなってたかもしれませんけど 笑、
そういう意味では、前情報知ってたのは良かったかも?



全体に見せ場のCG部分は、ゲームの中の場面だったので、
質感がどうとか、そのへんは気にせず見られましたね。

髪の揺れ方とか、
わざとゲームのCGっぽくなってるのが面白かったですけど。



公式サイトにも載ってるパロディポスターも面白いですね。

本編も各所に80年代テイストが見られて、
その時代の歌や、劇伴音楽もバックトゥーザフューチャーの人だし、

なつかしのスピルバーグワールドって感覚があって、
そこも楽しかったです。


|

渡辺宙明ヒーローサウンドを語る



太陽の王子ホルスが観たくなって、
いまだ引っ越しで箱詰めされてた中から、発掘して観てました。

初めて観たときに、歌がすごく頭に残った作品でしたけど、
内容は、これぞ東映動画って感じで。

ネットで情報見ると、当時は、まんがまつり的なやつでウルトラセブンとかも同時上映だったんですね。




◉ 昨日は、DOMMUNEって生配信局(?)で
「渡辺宙明ヒーローサウンドを語る!」って番組をやってて、
ありがたく拝聴してました。

東映ヒーローから、火曜日のサザエさんの歌まで、
いろいろ曲の配信や裏話も聴けて。


「野球狂の詩」とか、
たぶん再放送じゃないリアルタイムのを観てたんですよね。

ちっちゃいころ観たものって、
内容よく覚えてなくても主題歌は歌えたりしますが、

野球狂の詩のあれって、
歌詞がなくスキャットだけど、メロディはっきり口ずさめるくらいに覚えてるんですよねぇ。

そういう曲を作りたいって思いました。


あと個人的には、
途中から話に参加し始めたDOMMUNEの人が、
なんかいまひとつアレでしたけど。。

宙明氏の発言に対して、

DOMMUNEの人「まじっすか〜〜!」

宙明氏「、、、はい?」

みたいなやりとりもちょいちょいあったりして。



放送は、
4/21の「渡辺宙明特集 ヒーローオーケストラ」コンサートを記念してのものだったそうですね。

そして翌週の4/28は、伊福部昭百年紀。


|

ビオランテのデビッド・ハウエル氏。 BS円谷英二番組。



◉ 特撮秘宝のアゴン特集はびっくりでしたけど、

音楽記事の方で小さく載っていた、
デビッド・ハウエル氏の訃報はショックでした。
VSビオランテで、すぎやまこういち氏の曲をオーケストラ編曲されてた方。

サントラCD買った当時は、arrengement の意味がよくわかってなくて、
お二人で分けて作曲されたのかと思ってましたけどね、
あとで関西フィルで指揮や編曲されてるってのを知って。




◉ BS朝日で、
「“特撮の神様”円谷英二~ウルトラマン誕生の舞台裏~」
ってやってましたね。
(追記:これ以前放送されたものでしたね)

当時の役者さんやスタッフさんのインタビューもあって、
いろいろ裏話が聞けて面白かったですが、

途中にあった、
じつはあれもこれも円谷英二が発明したもの!
みたいな部分は、どこまでがどうなんですかね、
ほんとに円谷氏が中心に開発されたのかしら。



|

今週の特撮 2017/12/10〜




 12/8より整理券配布中
「開田裕治 ウルトラ怪獣ぬりえ」刊行記念 開田裕治先生サイン会(開催は12/19)



 12/11(月)で終了
ウルトラセブン 50th Anniversary TAP in SHIBUYA



 12/11(月) 23:00〜
BSジャパン
エンター・ザ・ミュージック「映画音楽特集 第13弾:平成ゴジラ3部作」



 12/15(金)
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」公開



 12/15(金) 21:00〜
日テレ
金曜ロードSHOW!「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」



 12/16(土) 10:00〜
テレビ朝日
題名のない音楽会「アニメ特撮音楽の巨匠・渡辺宙明&俊幸の音楽会



 12/17(日) 0:00〜
NHKBS1
再放送「ゴジラを進化させよ!~ニッポン・アニメ 世界への挑戦~」



 12/17(日)
ウルトラマンタロウBlu-ray BOXの高画質を一足先に楽しめる上映会in京都みなみ会館


|

ゴジラ伝説V。 その他LPレコード。




ゴジラ伝説V、

コンサート行けなかったですが、
やっとCD聴きました。


LPのゴジラ伝説が出た頃って、

アニメのサントラの
シンセサイザーバージョンなんかもよく作られてて、
ゴジラ伝説もその流れに乗ってる印象がありましたが、

今回のこれは、
わりとトリビュートアルバム的要素も多い感じですね。




で、ここで書いたか忘れましたが、
実家で捨てられてたと思ってた、LPレコード発見しました。

ドラマ版レコードとか懐かしい〜。
Img_0118

効果音のLPも持ってました。
84ゴジラのころもまだLP売ってましたね。
Img_0120

その他もろもろ。
渡辺徹はアルバムも買ってた気がします 笑
Img_0119



|

より以前の記事一覧