東宝

フランケンシュタイン対地底怪獣、サンダ対ガイラ。



諸事情により、BSCSが一部見れるようになったので、

日本映画専門チャンネルでやってた
「フランケン対バラゴン」「サンダガイラ」をひさしぶりに観てました。


いい感じ、というか何ともいえない気持ちになりますね、
あの最後フランケンはどういう心境だったのかしら、とか。

しかしそれにしても、、
唐突乱入イノシシやっぱりすきだわ〜
かわいすぎる。ミニチュアほしい。



その他観た映画。

「闇金ウシジマくん Part3」
「走れ、絶望に追いつかれない速さで」

どちらも出てる俳優さんにつられてですけど、
楽しめました。


|

先週公開の映画。



ブログの更新、なにげにGW以来で、、

訃報が続いてますが、、

ゴジラや巨獣はまだ観に行けてません。




巨獣のテレビCMはすごくよく見かけるけど、
アニメゴジラのCMあまり見ないな〜
公開間際くらいにバ〜ッと宣伝するのかな、

と思ってたらいつの間にか公開になってて 笑
興収ランキングも完敗してますね。


ぴあの初日満足度でゴジラ上位になってましたが、
1位はピーターラビットですねぇ。

ああいうキャラクターの実写化も、見飽きたというかなんというか、
CGで作りました感が気になってしまいますわ、
お話はいい感じなんでしょうけども。

いやまあ、巨獣も今はだいたいCGですけどね。。


|

レディ・プレイヤー1




観てきました〜。
楽しかったですねぇ。

パンフレット買わなかったんですけど、
けっこう濃いい内容だそうなので、あとで買おうかしら、サントラも。



伊福部ゴジラテーマは、
音源そのままでなく、メロディ含めたアレンジ曲でしたね。

まさかゴジラのテーマメロディの、
アラン・シルヴェストリ アレンジが聴けるなんて〜!

エンドロールにもちゃんと、
「GODZILLA Main Title by Akira Ifukube」って出てて。
スピルバーグ作品でこの扱い、すごい。



ネタバレというか、
もう情報出まくってるんで書いてしまいますが、

ガンダムVSメカゴジラ!
情報だけでなく、ついには実際の場面を一部ネット配信までされてて、
先に観ない方がいいかな〜とかなり迷いましたが、
耐えきれず観てしまいました 笑

しかし、それ観た上でも、
実際映画を観ると、そこやっぱり脳内テンションMAXでしたわ。
「俺はガンダムでいく」
わかってたけど燃える〜 笑

それがあるので字幕の方がいいかな、と思って、
けっきょくまた2D字幕で観てしまいましたが、
あれは3Dの方がよかったですかね。



メカゴジラは最初、
どれが出るんだろう、昭和かな、と思ってたんですが、
雑誌の映画秘宝をチラチラ見てたら、どうやらオリジナルで。

原作小説では機龍メカゴジラが登場してたそうで、
ウルトラマン対メカゴジラって、マニア的夢の対決が展開されてるとか。


メカゴジラのデザインは、西川伸司さんによると、
生頼範義ポスター版をもとにしてるってことですよね。

でも顔つきはなんかアメリカンコミックな印象で、
だいぶ前傾姿勢なところが、メカ”GODZILLA2014”って感じもしました。


しかしその辺のいろんな事情を知らなかったら、
「メカゴジラ!」って言われても、
いや、なんか違う違う、ってなってたかもしれませんけど 笑、
そういう意味では、前情報知ってたのは良かったかも?



全体に見せ場のCG部分は、ゲームの中の場面だったので、
質感がどうとか、そのへんは気にせず見られましたね。

髪の揺れ方とか、
わざとゲームのCGっぽくなってるのが面白かったですけど。



公式サイトにも載ってるパロディポスターも面白いですね。

本編も各所に80年代テイストが見られて、
その時代の歌や、劇伴音楽もバックトゥーザフューチャーの人だし、

なつかしのスピルバーグワールドって感覚があって、
そこも楽しかったです。


|

パシフィックリムアップライジング感想。 メカゴジラ映画。




観てきました、パシフィックリム。
(↓感想は下に)




◉ 先週の戦隊は、
パトレンジャーレッドの人の、くしゃみの演技が良かったわ 笑




◉ パシフィックリムの次に観るとしたら、
「レディプレイヤー1」か「いぬやしき」か迷ってたんですが、

スピルバーグさんいわく、そっちにはメカゴジラも出てきて、
伊福部ゴジラテーマも使ってるってことで、
次はレディプレイヤー1鑑賞に決定。


アニメゴジラも新予告編、
今日の劇場ではやってなかったですけど、ネット公開されましたね。

あれはメカゴジラなのかしら。
双子女子は、小美人っぽい雰囲気でしたね。




◉ パシフィックリムアップライジング、
楽しかったですねぇ。

近くで字幕3Dやってなかったので、吹き替えにするか迷いましたが、
時間の関係で2D字幕を観ました。

最後は東京が舞台って、東京感はあんまり、、笑

CGは、ミサイルの煙が(薄くて?)気になるところがありました。

ネタバレ感想は下へ















今回は、怪獣映画っていうより、
イェーガーの武器とか、最後の合体怪獣とか、
ロボットアニメやヒーロー物のニュアンスが強かったですかね。

なんかエヴァンゲリオンみたいのも出てきましたけども。
あと小さいやつは、
ハリウッド版トランスフォーマーまんまな感じで。

でも怪獣をKaijuって呼んでるのはやっぱり良いですね。
後半はガンガンバトルが見られたのも楽しくて。


しかし、GODZILLA2014のジャンジラもそうでしたけど、
今回の東京バトルも、
近未来って設定もあってか、ほぼ東京感なかったですね。

やっぱり日本の怪獣映画や巨大ヒーロー物みたいに、
たとえ架空の街だとしても、
いつも見慣れてるような風景でないと、日本が舞台になってる面白みは感じられなかったですね。
そのへん海外の方にはむずかしいのかしら。

富士山も、じつは登ったこと無いんですけどあんな感じでしたっけ。
遠方からの画はマウントフジでしたけど、
中の場面はなんか日本じゃない山にみえましたが、そんなことないんですかね、どうですかね。


そして、
最後おまけで次回の話もありましたね。
う〜ん、できれば舞台は地球でお願いしたいですけど。。



|

巨獣大乱闘のバラン。  タバ作戦の俳優さん。





◉ 週末からパシフィックリム2も公開ですが、
「ランペイジ 巨獣大乱闘」って映画のTV-CMを観ました。

あのバラン的に降りてくるの燃えるわ〜〜。
ハリウッドゴジラ2の前に、バランのハリウッド版を見れたようでうれしい。

ま、リアル巨獣なんで顔恐いですけど。。


これしかし、アニメGODZILLA2と同日公開なんですね。

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』TVスポット30秒
https://www.youtube.com/watch?v=sFxvIhXlCjY




◉ 十津川警部シリーズってスペシャルドラマの録画を観てたら(朝倉あきさん目当て)、
同じ刑事役のシブい俳優さんが、どっかで見たような、、って感じで。

あっ!、って気付いたのが、
シンゴジラで
「○○発の弾丸をうけて、傷一つ付かんとは、、」とか
「タバ作戦、開始」みたいなことを、低い声で言われてたのが印象的だった、
橋本じゅんさんって俳優さんでした。

これまたネットで見てみたら、
劇団新感線の方なのね、知らなかった。


|

冬ドラマその2



(その1からつづき)




◉ 「命売ります」は、

中村蒼くん目当てで観たんですけど、

、、、っていうか、引っ越してBS観れなくなったんで、終盤観てないんですけど、
関東地区では昨日から地上波でもやり始めましたね。




◉ 「電影少女」って、

桂正和さんの漫画があるのは知ってましたが、
読んだことはなかったんですけど、

けっこうどっぷり純愛ドラマなんですね。

しかし観終わってとりあえず、、
女子って面倒くさいな〜〜〜〜ってのが残りました 笑
あの友人女子ね、とくに終盤。




◉ 「賭ケグルイ」は、

まさに入り込んだ演技の競い合いって感じで、
若い役者さんたちが、ドラマの面白さを盛り上げてる感がありましたね。

ギャンブルをやる学園のお話ですが、
どっぷりその世界に入って観れて、展開も読めなくて面白かったです。

評判よかったのか、続編あるみたいですね。


このドラマも、
ライダーエグゼイドのポッピーの人とか、
ジュウオウジャーのブルーの人も濃いい役で出てきましたが、

役にハマりすぎてて、
エンディングの名前見るまで気付かなかったわ。。


これのヒロインの人って、
日比谷の新ゴジラ像除幕式に出られてましたが、
東宝シンデレラ関係の人なのね。

「日比谷に高さ3メートルの新・ゴジラ像出現 ベースはシン・ゴジラ」
https://mantan-web.jp/article/20180322dog00m200004000c.html


準ヒロインって感じの森川葵さんも、最近よく出てますが、
このCMの女性もそうなんですね、これもなんか気付かなかったわ 笑
https://www.youtube.com/watch?v=d9IeizLgHp4


|

ゴジラの背びれプレゼントって!




創作意欲向上のために、自主怪獣映画選手権見に行きたかったんですけど、
有り難い予定が入って断念。。




先月テレビでやってた、ゴジラ関連番組から。


◉ 3/10の「おぎやはぎの愛車遍歴」

宝田明さんゲスト。

いろんな銀幕エピソードの中で、
よく知られてるようなゴジラ話もされてました。




◉ 3/11昼の「スクール革命」

都庁とシンゴジラ、どっちが高いってクイズが。

「VSキングギドラ」の最終決戦のときに、
上空のメカキングギドラに向かってゴジラが火炎を吹いたら、
都庁の上の部分がドカ〜ン!って演出があったので、
あの時点では都庁の方が上でしたけど、

シンゴジラは、もちょっと高いってことでどうだろうって思ったんですが、
やっぱり都庁の方が高いそうですね。
243メートル、けっこう高いのね。




◉ 3/24アド街ック天国〜松戸〜

信号機や電柱の金物を作ってる、松戸のイワブチという会社、
「シンゴジラ」で、壊れた電柱の部品を無料提供したしたそうで、

お礼に、被災地のシーンでイワブチの看板が。




◉ 3/19「YOUは何しに日本へ?」

空港でインタビューした、旅行で来たアメリカ人夫婦が、
ゴジラ好きってことで、東宝スタジオに行きたいそうで、
番組が同行。
ご主人は84ゴジラが一番好きだそう。


で、スタジオ行く前に、新宿のゴジラストアへ。
すると、他にもゴジラオタクのアメリカ人らしき男性客が。
「ゴジラファンの中では、ゴジラといえば84年だよね!」
「君わかってるね!」
熱く語り始めるお2人。

そうなのか、、
自分も好きですけど、アメリカでは84ゴジラ人気なのかしら。
あの武田鉄矢さんとか、どうとらえられてるんでしょうね。


そして、念願の東宝スタジオに行き、感激するご夫婦なんですが、
中に入ってみたいっていう願いは、番組スタッフが交渉するも、
土曜日で担当者もいないので厳しいとのこと。


若干寂しげに帰るご夫婦ですが、
後日、番組スタッフに東宝さんより連絡が。

特別に何か見せてもらえるってことで、
まだ滞在中だったご夫婦呼んで東宝本社へ。


そこで見せてもらえたのは、、、、

VSシリーズと、ファイナルウォーズのゴジラの撮影用の本物!
感激で涙する奥さま、抱き合うお2人。


そして、東宝映像美術のスタッフさんが説明するんですが、
最後になんと!!

VSゴジラの、背びれの予備(本物)をプレゼント!!!
えええええええええ〜〜〜〜〜!!!!!

ほしい! 背びれ!!


テレビのインタビューも
受けてみるもんですねぇ、、( =´ ー`)



|

アニメのメカゴジラ




アニメGODZILLA第2弾のキービジュアル公開だそうで、
ついにメカゴジラの姿がチラ出してますね。

、、、っていまいちつかめないですが、
アニメ寄りなデザインなんでしょうかね、やっぱり。

それより双子の少女ってのが、
え、モスラ出るの!??って思ってしまいますけど 笑


『GODZILLA 決戦機動増殖都市』第四の種族“フツア”に双子の少女、主題歌はXAIが続投 - 映画ランドNEWS
https://eigaland.com/topics/?p=71818



|

生賴範義 展 THE ILLUSTRATOR その2



(つづき)

などなど、思い出話を書きましたが、
展覧会はほんと、圧倒されるものがありました。

オタク男性客が多いかと思ったら、
ふつうに女性のお客さんもいましたね。




いちばん長く見とれてしまったのは、
オリジナルの「我々の所産」って大きな絵でした。
やっぱり構図とリアルな描き込み具合がすごくて。


特撮方面では、ゴジラやスターウォーズコーナーもありましたが、
ウルトラ作品で唯一、パワードのイラストもありましたね。

Img_1241


一番気に入った、東宝特撮映画全史の「地球防衛軍」の口絵が、
図録で小さくしか載ってなかったのがちょっと残念でした。
全史の方ではどれくらいの大きさで載ってたのかしら。


ゴジラは、見たこと無かったアニメージュのイラスト、
色の付け方とか気になって見入ってしまいました。

Img_1240


あと戦記の絵だと、
大和特攻の絵に圧倒されたり、
この潜水艦の絵も気に入ってしばらく見てました。

Img_1238_3


撮影OKな場所もけっこうあって。

Img_1217_2

Img_1219_2


図録はもう売り切れてしまったそうですね。
カバー外すとこんな感じ。

Img_1245_2


|

生賴範義 展 THE ILLUSTRATOR その1



今週は 生賴範義 展 in 上野の森美術館 に行ってきました。

Img_1230_2



「さよなら日劇」で84ゴジラを観てから上野へ、
っていう流れを考えてたんですが、

時間合わなかったので、家帰ってからブルーレイ観ました。



自分はやっぱりあれですね、
生賴範義氏の名前を初めて認識したのは、
84ゴジラのあのポスターでした。

小さい頃は、昭和メカゴジラおわりの、ゴジラお休みの時期で、
正義のヒーローゴジラのTV放送がメインっていう時代だったので、

やっぱり84年の新作ゴジラはすごく印象深いです。
ゴジラクラブ特典(でしたっけ?)の生賴範義氏のゴジラB全ポスターは、
部屋に貼ってましたね。


今ほどゴジラムック本も多くなかったので、
生賴氏のイラストポスター付きのメイキング本や、
初ゴジのムックも買ってました。

そのへんの原画が見れたのがすごくうれしい。

P1001067


当時で言うと、映画「首都消失」のポスターは、
あっ!ゴジラの絵の人だ! とか思いましたね。

あと第3次世界大戦を描いたアニメの「198X年」も、
観に行ってパンフやムック本買ってましたが、
あれのイラストが生賴範義氏によるものっていうのは、
だいぶ後になって知りました。


Img_0093


(つづく)



|

より以前の記事一覧