洋画

ローグワン・スターウォーズストーリー

ローグワン、
地上波初放送してましたね。

やっぱりスターウォーズシリーズの中で一番好きかも。
ま、小さい頃観た最初の3部作は別格感ありますけども。。

またダースベーダーのとこ繰り返し観てしまいましたわ。

|

猿の惑星新世紀、吹き替え版。


猿の惑星新世紀、吹き替え版もCSでやってたので見てみました。

英語をしゃべり始める猿の声が違和感なかったので、
日本語版がどんな感じか見たかったんですが、

、、、なんでしょう、
音響的な違和感はないんですけど、
やっぱり猿が日本語をしゃべり始めると、吹き替えかなって思えてしまうというか 笑

自国語が聞こえるとそういう感覚になるのかしら、
ん〜、なるほど〜。

|

「猿の惑星:新世紀」の効果音。




新しい猿の惑星の2作目、CSの放送で観ました、5.1ch。

CGすごいですねぇ。
前作はまだ、CGのよく出来た映像ってイメージありましたけど、
今回のは、ほんとにああいう猿たちがいるみたいにしか見えなかったですね。
でももう4年前の映画で、続編が去年公開されてるんですよね。
また進歩してるのかしら。。

とビジュアルばかり目がいってしまいますが、
リアルさっていう意味では、猿の効果音もかなり重要な要素ですよね。
集団でわめいてる時のいろんなリアル猿ボイスに、猿同士で会話してるニュアンスの声とか、
そして実際、英語を喋り始める時の声も違和感なくて(字幕版で)、
うまいこと作り込まれてますねぇ。

お話は、なるほど新世紀ね、って感じでした。


|

ジュラシックプレデター




ザプレデター評判いまいちっぽいので行くか迷う。。


でま関係ないんですけど、
CSで放送してた
「ジュラシックプレデター」っていうのを観てました。

邦題がパチモンみたいですけど、
ネットで感想書いてる人のを見てみると悪くなさそうだったので鑑賞。


ギャオスみたいに、人を食らうドラゴンが村に現れ、村人たちが戦うみたいな。
ドラゴンは、龍みたいでなく、ハリウッド系の翼のあるドラゴンですね。

CGは安っぽいというほどではなく、わりとちゃんとしてました、ドラゴンは。
最後だけ、あれっ!?っていうクオリティでしたけど、、笑


お話も、B級感はありますけど、
ふつうに楽しめる感じで。


|

最近録画で観た映画1(洋画)。

「スーサイド・スクワッド」

ふつうに楽しめましたが、
予告見て期待してたほどでもなかった感じ。
(何を期待してたんだっていう、、)

|

GODZILLA1998




CSで GODZILLA1998 やってたので観てました。
いろいろ否定意見もあって、ファイナルウォーズでも吹っ飛ばされてましたが、

あらためて観ると、出だしは2014よりこっちが正解って印象ありますね。
水爆実験の影響で突然変異みたいな演出とか、冒頭から漁船が襲われるあたりとか。


VSゴジラやってる中で平成ガメラの特撮が注目されて、
日本の特撮が盛り上がってるところでこの予告編見たときは衝撃でしたけどね、

ビルの向こうでザ〜ッと瓦礫がくずれ落ちて、ゴジラがうっすら姿を現す、
その一瞬で、あ、、こりゃ違うわ、、っていう。
世界のレベルを知ったみたいなね。

までも、今観るとゴジラCGがちょっと重量感無い感じですけど。。


|

Godzilla: King of the Monsters予告。 





ハイウッドゴジラ2の予告公開されてますね。

https://www.youtube.com/watch?v=wVDtmouV9kM

いろいろ楽しそうだわ〜笑
何体も出てきて、より怪獣映画らしくなりましたが、
前回の、あまり軽くない雰囲気も引き継いでる感じで。

モスラはなんかふんわりしてましたね。羽化したばっかり??
あの女の子が触れてたのもモスラなのかしら。

ラドンはやっぱり頭の形でラドンって感じですね。

ギドラは金子監督のときみたいに氷付けになってましたが、
最後にちらっと出てくるのも、CGドラゴン的でなくちゃんと直立してるのがいいですね。


|

ランペイジ 巨獣大乱闘




やっと行って来ました巨獣!

いいわ〜、わかりやすくて 笑


巨大ゴリラといえばキングコングですが、

ウルフは、バランとかジェヴォーダンの獣とか、
ワニは、ビオランテとかアンギラスとかのニュアンスを感じましたわ。


CGはところどころ質感好みでないところもありましたが、
全体に本物みたいで良かったですね。


ネタバレ気味の一言感想






















街で暴れ始める辺りなんか好きですわ。
遠景でドカドカ物ぶん投げたりしてる感じ。

あとなんか、白ゴリラ・ジョージの、
笑ってる顔がちょいちょいジミーちゃんに見えたんですけど 笑
最後のドッキリネタばらしのところとか。


|

先週公開の映画。



ブログの更新、なにげにGW以来で、、

訃報が続いてますが、、

ゴジラや巨獣はまだ観に行けてません。




巨獣のテレビCMはすごくよく見かけるけど、
アニメゴジラのCMあまり見ないな〜
公開間際くらいにバ〜ッと宣伝するのかな、

と思ってたらいつの間にか公開になってて 笑
興収ランキングも完敗してますね。


ぴあの初日満足度でゴジラ上位になってましたが、
1位はピーターラビットですねぇ。

ああいうキャラクターの実写化も、見飽きたというかなんというか、
CGで作りました感が気になってしまいますわ、
お話はいい感じなんでしょうけども。

いやまあ、巨獣も今はだいたいCGですけどね。。


|

レディ・プレイヤー1




観てきました〜。
楽しかったですねぇ。

パンフレット買わなかったんですけど、
けっこう濃いい内容だそうなので、あとで買おうかしら、サントラも。



伊福部ゴジラテーマは、
音源そのままでなく、メロディ含めたアレンジ曲でしたね。

まさかゴジラのテーマメロディの、
アラン・シルヴェストリ アレンジが聴けるなんて〜!

エンドロールにもちゃんと、
「GODZILLA Main Title by Akira Ifukube」って出てて。
スピルバーグ作品でこの扱い、すごい。



ネタバレというか、
もう情報出まくってるんで書いてしまいますが、

ガンダムVSメカゴジラ!
情報だけでなく、ついには実際の場面を一部ネット配信までされてて、
先に観ない方がいいかな〜とかなり迷いましたが、
耐えきれず観てしまいました 笑

しかし、それ観た上でも、
実際映画を観ると、そこやっぱり脳内テンションMAXでしたわ。
「俺はガンダムでいく」
わかってたけど燃える〜 笑

それがあるので字幕の方がいいかな、と思って、
けっきょくまた2D字幕で観てしまいましたが、
あれは3Dの方がよかったですかね。



メカゴジラは最初、
どれが出るんだろう、昭和かな、と思ってたんですが、
雑誌の映画秘宝をチラチラ見てたら、どうやらオリジナルで。

原作小説では機龍メカゴジラが登場してたそうで、
ウルトラマン対メカゴジラって、マニア的夢の対決が展開されてるとか。


メカゴジラのデザインは、西川伸司さんによると、
生頼範義ポスター版をもとにしてるってことですよね。

でも顔つきはなんかアメリカンコミックな印象で、
だいぶ前傾姿勢なところが、メカ”GODZILLA2014”って感じもしました。


しかしその辺のいろんな事情を知らなかったら、
「メカゴジラ!」って言われても、
いや、なんか違う違う、ってなってたかもしれませんけど 笑、
そういう意味では、前情報知ってたのは良かったかも?



全体に見せ場のCG部分は、ゲームの中の場面だったので、
質感がどうとか、そのへんは気にせず見られましたね。

髪の揺れ方とか、
わざとゲームのCGっぽくなってるのが面白かったですけど。



公式サイトにも載ってるパロディポスターも面白いですね。

本編も各所に80年代テイストが見られて、
その時代の歌や、劇伴音楽もバックトゥーザフューチャーの人だし、

なつかしのスピルバーグワールドって感覚があって、
そこも楽しかったです。


|

より以前の記事一覧